節分は自宅で豆まき後片付けが大変!超簡単片付けいらず手間いらず!


節分は自宅で豆まき後片付けが大変!超簡単片付けいらず手間いらず!

『節分で豆まきするのは、良いけど、豆をまいた後の後片付けが面倒なんだよね・・・』

そうです!

豆をまいた後の後片付けは、
ほんと—–に大変な思いしますよね・・・

面倒くさいし・・・

『来年から豆まき中止!!』

なんて強く心に決めますが・・・

子どもがいるご家庭では、
そうも言ってられず・・・

いざ節分の時期になると。。。

『さぁ~! 今年も豆まきやるぞ—!お父さんがまた鬼やるから!!w』

けっきょく毎年、張り切ってしまう
絶対に外せないファミリーイベントの
節分ですよね?

なんで、

節分を楽しくやって、
楽しく掃除もやちゃいましょう!!

と言うことで、

豆を簡単に後片付けできる方法を
ご紹介させていただきます。


Sponsord Links



豆まきの豆選びがポイント

豆まきの後、
まいた豆が家具や冷蔵庫の下に入ってしまったり、
踏んづけてつぶしてしまうなど、
後片付けが本当に手間です。

そんな後々の掃除のことを考えて、
豆に一工夫を加えてある物が
販売されています!

今は、節分で使う豆は、
炒った大豆よりも

小く小分けしたい
パック詰めになった物や、

殻つきの落花生なんかも
以外に人気があるようです!w

こんな豆を使えば
掃除もグ―ンと!
楽になりますからね!!

そのほかに、

飴やチョコなどのお菓子を使う家もあります!

友人の奥さんが提案したんですが!

1つひとつ梱包されている
飴やチョコなどのお菓子を
使って、豆まきするんですが、!

子どもたちも誰が1番多く拾えるかな?って
後片付けをゲーム感覚で、出来るし、

後片付けを手伝ってくれるメリットがあります!! w

豆まきは部屋を限定する

豆まきは、子どもたちにとって
とても楽しみにしているイベントの1つですよね!w

でも、

厄介なのが
豆まきが終わって
豆を拾う作業ですよね・・・

なので、

豆まきをする部屋を
限定してしまうことです!

その際は、家具や冷蔵庫といった物が
少ない場所を選んで下さい。

そうすることで、
家具の下に入り込むような
面倒なことには、
ならないので!!

できたらフローリングなどの
板の間でやるようすると
掃除機を掛けやすいので
後々の片付けが簡単で更に良いです!


Sponsord Links


ビニールシートと新聞紙を用意する

床に100均で売っている
ブルーシートを引くと
とても便利です!

レジャーシートだとちょっと小さいかな?

もし、使っているシートを使うようなら
キレイに拭いてから使うようにして下さい。

後で、まいた豆を食べるときに違和感がないでしょう!w

デメリットは、
シートの上だけしかまけないこと・・

『鬼は、外!福はうち!!』

なんて豪快にまいたら何の意味もなくなるのでw

それでも家具の下に
入り込んだするので、

豆まきをする前に
家具の隙間に新聞紙を折って
はさむようにして下さい。

裏技!掃除機の使い方

掃除機の吸い込み口を外して、
筒だけします。

そうすると吸引力UPです!!w

で、その口の部分に
要らなくなったストッキングを
巻いて、輪ゴムで止めます。

それで、
吸い取れば、

豆を掃除機の中に
吸い込まれないからいいでしょう!

とても早く豆を吸ってくれます。

もし、

それを食べるとしたら
ゴミと一緒に吸ってしまうので、
洗ってから食べて下さいねw

マンションでの豆まき

最後にマンションでの
豆まきは、どうするの?

ってことで、

ちょっとアドバイスをしておきます!

私の友人もマンションや団地と言った
集合住宅に住んでいる人が多くいます。

どんな豆まきをしているのか?

と言うと・・・

玄関の外などは、共有スペースなので、
豆まきをするとご近所さんにご迷惑がかかります。

玄関から外や部屋から外といったところの
豆まきは、やらないようにしているそうです。

なので、コンパクトに
ベランダから部屋に向かって
豆まきをするんだそうです!!

これで、十分
厄払いは、できている
はずです!!

まとめ

節分の豆まきは、
後片付けや近隣に
気を使うことを考えると、

とても気が
重いですよね・・・

しかし、

節分は、家族で協力してやる
大事なイベントなので、

積極的にやって欲しいと思います。

豆まきの後の掃除は、
先ほどご紹介した
後片付けの方法を参考に
していただければ

そんな大変な事には、ならないので!

節分の豆まきを
家族全員で、

是非!楽しんで今年の吉を取り込みましょう!!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Sponsord Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする