ひな祭り飾りつけはいつからいつまで!簡単日取りを決める3つの方法


ひな祭り飾りつけはいつからいつまで!簡単日取りを決める3つの方法

ひな人形を

『いつ飾って、いつしまうのか?』

知ってるようで
知らない人が多いです。

今回は、雛人形の飾りつけから片付けまでの
日取りについて詳しくご紹介します。


Sponsord Links



雛人形を飾る吉日とは

一般的には、節分の翌日から
2月15日ぐらいまでに飾れば
良いと言われています!

節分で、豆まきをして
しっかりと福を招いたら
お雛様の飾りつけを準備します。

しかし、

それでは、早過ぎると思う人は、
バレンタインが過ぎたころから
準備をし始めてもOKです!

それでも、

最低ひな祭りの
10日から一週間前ぐらいには、
飾り付けを済ませるようにしましょう!

早い人なら年明け早々に
飾る人もいるぐらいなので、
お正月に雛人形なんてことも
ありかもしれませんよ!

で、ひな人形をお飾りする日程ですが、

ひな祭りは、
女の子の幸せと健康を
お祝いする行事なので、

大安がベストと
思うかもしれませんが、

そんなにこだわらなくても大丈夫ですよ!

結論を言うと
飾りつけの準備には、
決められた日が
あるわけではありません。


と言うことで、

3っのポイントをまとめると

・節分の翌日からお飾りを始める。
・遅くてもひな祭りの1週間から10日前までには、済ませる。
・大安吉日にこだわらなくも大丈夫。

これらをあなたのスケージュルにあわせて調整すればOKです!!

気分は、なんだかもう春って感じですね!

雛人形を片付ける日これで決まり

次にお話するのは・・・

ひな人形は、いつまでに
片付ければいいのでしょうか?

3月3日のひな祭りが終わったのに
いつまでも出しておくのは、
あまり良いものでありませんよね。

一般的には、
ひな祭りが終わり
3月6日までに片付け終えているのが
言いと言われています。

3月3日から3日後では、
慌しいと言う人は、

余裕をみて、
3月20日ぐらいまでには、
片付けを終わらせて下さい。

ひな人形の片付けには、ちょっとした理由があります。

これは、縁起を担いでのことですが・・・

ひな祭りは、
女の子の厄や災難を
背おっってもらう
行事の一つですが、

その厄や災難から
女の子を遠ざけるという
意味あいから
始まっています。

なので、

ひな祭りが終わり
3日以内には、
片付けを済ませる
という理由が
あったんですね・・・。


Sponsord Links


ひな祭りとお嫁に行けない迷信説

よく、お雛様を片付けないと
嫁に行けないなどと言った
迷信聞いたことがあると思いますが、

ひな人形を片付けられない女の子が
人様の家に嫁ぐことなど出来ないと
言われたのが初めだそうです。

何事もやりっぱなしでなく
整理整頓をしなさいと言う
理由からだそうです。

ひな祭りは、しつけの一環だったんですね。

しまう時期は、
よく晴れた湿気があまりない日を
狙ってやるようにして下さい。

来年、箱を開けたら
カビが生えてたなんて
ことになったら大変ですからね!

ひな人形収納前にやってはいけないこと

先ほども
ご紹介しましたが、

『お嫁にいけない!』は、

迷信だと言いましたが・・・

やはり、

気になるものですよね?

しかし、

気持ちが焦って片付けるのは禁物です!

ひな人形は、とても高価な品物です、

また、来年もその次も
良い物なら代々受け継がれて
いくかもしれませんよね。

雨が降っていたり
また、部屋の中が湿気が多かったりと
ひな人形の環境としては、災厄です。

そんなあ天気も気にしないで
片付けてしまうと

来年箱を開けてビックリ!

カビが生えていたり
または、シミが出来てたりなんて、
ことになったら大事件です。

そんな事に
ならないように
するには、

天気が良くて
風通しの良い場所を選び

1つひとつ丁寧に
箱に収めるように
して下さいね!

その時に湿気取りと
虫除け剤も一緒にいれて
あげて下さい!

とても効果的ですよ!!

今回も最後まで読んでいただきありがとう御座いました!!

Sponsord Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする