豆まきの豆は何歳から食べれる?


豆まきの豆は何歳から食べれる?

今どきの節分は、恵方巻きが流行りで、後片付けが大変な豆をまく方法は、少なくなっているようです。

しかし、

小さいお子さんがいる家庭では、そうも言ってられず、子どもたちに節分と言う日本古来の伝統行事を知ってもらうためにも少なからずや豆まきをすると思います。

子どもたちも楽しみしている家族のイベントではないでしょうか?

節分・・・

豆まき・・・

と言ったら!

『鬼は外!福は内!!』と掛け声をかけて、厄を祓ったら歳の分だけ豆を食べますよね?

これは、通常の流れではあります。。。

小学生ぐらいになればまったく問題ありませんが

乳児や幼児には、ちょっと注意が必要のようですよ・・・

その辺のこと気になったので、調べて見ましたのでご紹介しましょう!!


Sponsord Links





豆まきの豆は何歳から食べれる?

友人に2歳の女の子がいるんですが、豆まきの豆を既に食べています。

美味しい訳でもないので、いい顔は、していませんがwww

乳児のように歯がまだ生え揃っていないようで、あればおススメできませんが、2歳もなれば生活の中で、普通に食事を取っている訳ですから、何も問題ないとは、思います。

それでも、歯がない乳児などは、別として、歯が生え揃っているからといって安心している隙に喉の詰まらせるという事故が多発しているようです。

この煎り大豆というのは、ちょっと面倒なところがあって、噛まずに飲み込んでしまうと気管に詰まったりすることがあるんです。

この煎り大豆は、幼児が飲み込んで詰まらせると吐き出させるのにとても難儀するんだそうです。

3歳前後の年齢のお子さんには、油断することなく両親が注意して豆を食べさせてあげましょう!

今は、豆だけでなく、お菓子などを小分けにしてまいている家庭もあるそうです!!

後片付けも楽だし、子どもが喉に詰まらせるような事故は、食い止められるんじゃないでしょうか!

幼稚園や保育園での豆まき

幼稚園や保育園などでも、この時期に節分のイベントとして豆まきを大抵のところをやっているはずです。

それで、幼稚園や保育園などでは、お菓子も一緒にまくので、お菓子は、食べて豆は、食べずに家に持ち帰らせているようです。

それは、やはり1人の保母さんでは、クラス全員の面倒をみることができないためと、園児が豆を食べて詰まらせて窒息する事故を防ぐためでもあるんだそうです。

幼稚園や保育園でさえ、豆を食べさせる事を懸念していると言う事ですね。


Sponsord Links





子どものアレルギーにも注意する

先ほどもお話ししましたが、北海道の節分は落花生をまくので、ピーナッツアレルギーにも気を付けなければいけません。

今は、節分の豆まきに使う豆は、煎り大豆だけでなく、小分けした物やお菓子、または、殻付きの落花生をまいたりします。

落花生は、大豆に比べてさらにアレルギーが出やすくなる食品でもあるんですね。

子どもの中には、大豆では、発症しないが落花生では、発症してしまいショック症状になることもあるようです。

この落花生でのアレルギー症は、大豆アレルギーよりはるかに多いと調査結果でているので、今まで何を食べても大丈夫と思わずに少しだけ食べさせて様子をみて、与えるようにして下さい!!

1番の得策は、アレルギー症を発症させて、ショック状態から死にいたるなんて事になる前に、アレルギー体質に関して、病院で調べておくことが重要だと思いますよ!!

最後まで、読んでくれてありがとうございました。

まとめ

節分の豆まきは、子どもにとって楽しみにしている行事の一つでは、ないでしょうか?

しかし、これらの事を考えると豆まきが終わる最後まで、注意していなと行けない事が理解できたと思います。

楽しくやった豆まきが事故によって、やらなければ良かったなんてことないように最後の最後まで、しっかりと面倒をみてあげて下さい。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

Sponsord Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする