本庶佑教授の経歴・学歴や研究内容は? (妻・息子・娘)の情報まとめ


本庶佑教授の経歴・学歴や研究内容は? (妻・息子・娘)の情報まとめ

京都大学の本庶佑教授がノーベル医学生理学賞を受賞し話題になっています。

本庶佑教授は今までにPD-1というT細胞を発見したことで肺癌や皮膚癌に効果的な治療薬「オプジーボ」を開発し研究して来ました。

今回は病気で苦しむ患者さんのために手を差し伸べてくれた本庶佑名誉教授の経歴・研究内容や家族について調べました。


Sponsord Links


本庶佑教授の経歴が凄い?

名前 本庶佑(ほんじょたすく)

生年月日 1942年1月27日

出身地 京都府京都市

出身高校 山口県立宇部高校

出身大学 京都大学医学部

職業 医師、医学者

趣味 ゴルフ

本庶佑教授の経歴はこちら。

・1966年 京都大学 医学部 卒業
・1975年 京都大学 医学博士
・1971-1973年 カーネギー研究所 発生学部門 客員研究員
・1973-1974年 米国国立衛生研究所 国立小児保健発達研究所 客員研究員
・1974-1979年 東京大学 医学部助手
・1979-1984年 大阪大学 医学部教授
・1984-2005年 京都大学 医学部教授
・1996-2000年 京都大学 大学院医学研究科長・医学部長
・2002-2004年 京都大学 大学院医学研究科長・医学部長
・2005年- 京都大学 大学院医学研究科 特任教授
・2006-2017年 京都大学 客員教授
・2006-2012年 内閣府総合科学技術会議 議員
・2012-2017年 静岡県公立大学法人 理事長
・2015年- 公益財団法人先端医療振興財団 理事長
・2017年- 京都大学 高等研究院 特別教授

本庶佑教授の主要論文について

・T. Honjo, T. Kataoka, Organization of immunoglobulin heavy chain genes and allelic deletion model. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 75, 2140?2144 (1978).

・Y. Yaoita, T. Honjo, Deletion of immunoglobulin heavy chain genes from expressed allelic chromosome. Nature 286, 850?853 (1980).

・Y. Ishida, Y. Agata, K. Shibahara, T. Honjo, Induced expression of PD-1, a novel member of the immunoglobulin gene superfamily, upon programmed cell death. EMBO J. 11, 3887?3895 (1992).

・M. Muramatsu, K. Kinoshita, S. Fagarasan, S. Yamada, Y. Shinkai, T. Honjo, Class switch recombination and hypermutation require activation- induced cytidine deaminase (AID), a potential RNA editing enzyme. Cell 102, 553?563 (2000).

・Y. Iwai, M. Ishida, Y. Tanaka, T. Okazaki, T. Honjo, N. Minato, Involvement of PD-L1 on tumor cells in the escape from host immune system and tumor immunotherapy by PD-L1 blockade. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 99, 12293?12297 (2002).

本庶佑教授の主な受賞等

・第25回野口英世記念医学賞(1981年)
・昭和56年度朝日賞(1982年)
・日本学士院賞恩賜賞・日本学士院賞(1996年)
・文化功労者(2000年)
・米国科学アカデミー外国人会員(2001年)
・トムソン「最先端研究領域において活躍する日本の研究者」(2004年)
・ロベルト・コッホ賞(2012年)
・文化勲章(2013年)
・唐奨(2014年)
・ウィリアム・コーリー賞(2014年)
・日本癌学会 JCA-CHAAO 賞(2014年)
・Smalley Award(2015年)
・京都賞(2016年)
・慶應医学賞(2016年)
・Fudan-Zhongzhi Science Award in Biomedicine(2016年)
・日本薬学会創薬科学賞(2016年)
・Warren Alpert 財団賞(2017年)

記事引用元:KUIAS KUIAS 京都大学高等研究院より

本庶佑教授は山口県立宇部高校を卒業して京都大学医学部に入学しました。

本庶佑教授は京都出身なんですが父親が医者でその関係で山口県に移り育つことになります。

そして本庶佑教授は高校を卒業し京大医学部に進み卒業後は京大医学部において副手となりました。

その後、本庶佑教授はは1974年になってから東大医学部において助手となり更にアメリカでも客員研究員を務めています。

5年後の1979年に阪学医学部で教授に就任しますが1982年に京大でも教授に就任するんですね!!

また本庶佑教授が専門として扱っているは抗体や免疫学で癌などの治療薬の開発に貢献しています。

2018年10月1日それらの功績が認可され本庶佑教授はノーベル医学賞を受賞することになりました。

本庶佑教授の研究内容が神ってる?

10月1日にノーベル医学生理学賞に京都大名誉教授の本庶佑教授が選ばれ報道されました。
本庶佑教授がノーベル賞を受賞した研究内容について調べてみました。

本庶佑教授は今までにPD-1というT細胞を発見したことで小野薬品工業と一緒に共同で研究をして、「オプジーボ」と癌の特効薬を開発したこで評価され受賞しました。

本庶佑教授は癌を治療する画期的な免疫療法を研究・開発してたことで癌治療に新たな道を開いたことになります。

その本庶佑教授が研究してきた癌細胞が免疫を抑制するタンパク質を破壊し治していく免疫治療薬が「オプジーボ」で今大変有名な薬の一つとなっています。

今まで癌細胞が免疫力を抑えるたんぱく質について解明できなかったことでなかなか効果ある薬を発明することができなかったのですが本庶佑教授がそれを解明してくれたということですね!!

特に肺癌や皮膚癌で苦しんでいる患者にとっては公明だったのではないでしょうか!?

既にある抗がん薬はがん細胞に直接攻撃するタイプが殆どですが『オプジーボ』は癌細胞が免疫からの攻撃を受けないように特殊なたんぱく質を輩出し逃れていました。

しかしこの『オプジーボ』が開発されたことで免疫からの攻撃を受けやすくなることから癌細胞が滅亡し完治することに成功しています。

『オプジーボ』は「免疫チェックポイント阻害薬」と言われていて肺癌や皮膚癌に特に効果的で癌治療を変える新薬として世界的に有名になっりました。

本庶佑教授は1992年に免疫を担う細胞の表面にある「PD-1」を発見して発表しました。

その後マウスで実験をして癌細胞から出る免疫を抑えるたんぱく質に働きかけ免疫が癌細胞を攻撃できるようなるメカニズムを構成されました。

いや~!!!

IPS細胞に引き続き今回の『オプジーボ』の開発も更に凄い発見でしたね!

病に苦しむ患者さんが一人でも多く治って健康を取り戻してくれることと思います?

これは神っているのではないでしょうか!

本庶佑教授の妻・息子・娘も医師だった?

本庶佑教授の妻・息子・娘も医師との話がありますが本当なんでしょうか?

本庶佑教授に息子さんがいらしゃいます。

本庶佑教授の息子さんと思われる方の存在を発見しました!!!

その方の名前は本庶元さんで現在、滋賀県『大津赤十字病院』消化器内科で働いている医師のようですね。

こちらの本庶元医師が務めている滋賀県の『大津赤十字病院』ですが

系列として京大の関連病院で更に病院長も京大出身でしたねぇ。

本庶佑教授の息子さんは京大医学部卒となれば本庶佑教授との親子関係がかなりつながるのですが・・・

しかし本庶元医師と本庶佑教授の苗字が同じというだけなので確証はないのですが。。。

また本庶元医師の顔画像が公開されているのですが

本庶佑教授となんとなく輪郭や表情が似ていませんか!?

次に本庶佑教授の娘さんについてお伝えさせていただきます!!

本庶佑 教授には、娘さんもいる事が分かっています。

ということで更に調査を続けてみました!

本庶佑教授の娘さらしき人を発見しました!!

その方は京大の系列病院で『北野病院』に勤務する本庶祥子医師という方なんですが・・・

本庶佑教授の娘さんの幼いころの画像を公開していますが

その画像と本庶祥子先生の輪郭やちょっとした仕草が似ているように思うのですがいかがでしょうかねぇ???

本庶佑教授の息子さんと娘さんについては更に調査をして追記していきたいと思います!!

本庶佑教授の妻も医師?

本庶佑教授の妻はの名前は本庶滋子さんですね。

本庶佑教授の妻の年齢は75歳で本庶教授より1歳年下です。

本庶佑教授は奥様と結婚されて50年連れ添ってきたんだそうです!

本庶佑教授の奥様は医師ではなく専業主婦のようですね!w

本庶佑教授のノーベル賞受賞が決まったことを知った奥様の滋子さんはマスコミのインタビューで

夫の本庶佑教授がノーベル賞の受賞が決まり決電話で連絡を受けてビックリしたそうです!

本庶佑教授のノーベル賞受賞が現実になり喜んでいましたねぇ!

ここまで登り詰めるには夫婦二人三脚で支えあい歩んだ結果だったんだと思います!?

本庶佑教授の父親も医師だった!

なななななんと・・・

本庶佑教授の父親もやはり医者でした!

本庶佑教授の父親の仕事の都合で山口県宇部市に移り住むことになります。
そんなことから本庶佑教授は山口県立宇部高等学校に入学し1960年3月に卒業した本庶佑教授は京大医学部に入学します。

京大で勉学を取る本庶佑教授は父親の同僚で柴谷氏の著書を読んだことで影響を受け直接柴谷氏を訪問したことがあるんだそうです。

そのことが切っ掛けで父親や柴谷氏から助言をしてもらい早石修氏の下で更に勉強を続けて経緯がありました。

本庶佑教授がノーベル賞を受賞するまでの経緯や家族構成を知れば知るだけ感動してしまいました。


Sponsord Links


本庶佑教授のノーベル賞授賞式いつ?

本庶佑教授のノーベル賞や他の授賞式の日程は以下の通りです。

・10月1日月曜日11:30に生理学・医学賞受賞者がカロリンスカ医科大学にて発表されます。
・10月2日火曜日11:45に物理学賞
・10月3日水曜日11:45には化学賞の受賞者がスウェーデン王立科学アカデミーにて発表されます。

10月1日、ノーベル生理学医学賞を本庶佑教授及び京大特別教授ら二人が受賞しました。

今回は、本庶佑教授がPD-1というT細胞を発見したことで肺癌や皮膚癌に効果的な治療薬「オプジーボ」を開発した成果が認められました。

癌治療への大きな前進になりますね!!

まとめ

本庶佑教授の日々の努力が実りこの度ノーベル賞を受賞することが決まりました。

本庶佑教授の発見は医学界はもとより何と言っても患者さんが一番に喜んでいるのではないでしょうか?

失敗の繰り返しも暖かく家族が見守ってくれていたことでここまで本庶佑教授がこれに違いありません!

これからも本庶佑教授に研究を日々重ねまた難病を治す新薬の発明に貢献していただきたいと思います。

今回はここまで最後までお付き合いしていただきありがとうございました。

Sponsord Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする