初乗り410円でぼやく運転手!どこまで行ける比較検討したら!


初乗り410円でぼやく運転手!どこまで行ける比較検討したら!

2017年1月30日より、
東京都内では、
タクシー初乗り運賃が

今まで、
2キロ730円だったのが
1キロ圏内を
410円に改定しました。

この改定で、

短距離乗りの値下げ

長距離乗りの値上げ

と線引きしたわけですが・・・

見た目は、
運賃が安くなったと
思えるような表示では、
ありますが

実際は、どうなんでしょうか?

改定後、トラブルも多いようですが・・・

気になったので、
比較検証してみたので、
ご紹介します!


Sponsord Links



730円から410円の格差

初乗り410円の
キャッチフレーズを
ご存知でしょうか?

『タクシーのチョイ乗り』です!!w

それでは、
初乗りの比較を
してみます。

約1キロ未満を利用した場合、

10円なので、
改定前の730円より
お徳になるのですが

1Km以上利用した場合は、
どうでしょうか?

どうも

損してしまうようになるのでは、
ないかと思われますが・・・

その差とは、
どこが境界線に
なるのかと言うと

タクシーに乗ってから
4Kmから5Kmを
越えたあたりから
運賃が急に早く
加算されていくのです・・・

下の図を
見てもらうと
分かりやすいと
思いますが、

改定後の料金の場合:

東京駅で乗車

↓410円

日本橋

↓570円

銀座

↓1530円

東京タワー 境界線

↓1690円

雷門

↓2330円

東京スカイツリー

改定前の料金の場合:

東京駅で乗車

↓730円

日本橋

↓730円

銀座

↓1490円

東京タワー 境界線

↓1720円

雷門

↓2260円

東京スカイツリー

改定前の730円と
改定後の410円を
比較すると

タクシーに乗ってから
4キロ未満では、

改定後の410円が
お徳になりますが・・・

4キロを越えた場合
料金の境界線
なるわけです。

4kmを越えてからの運賃は、
改定後の運賃のほうが
損をすることになります。

結論として・・・

4Km未満であれば
改定後の料金が
お徳となり

4Km以上になると
改定前の料金が
お徳となります。

それでは、
あなたがタクシーを
利用する際の
ポイントをお話します!

1月末に改定された
新料金ですが、

これをいかに
お徳にタクシーを
利用するには、

必ずタクシーに乗ってから
4Kmから5Kmで抑えることです。

この方法が
何よりも硬い
損をしないポイントと
なるので

是非!実践して下さい!!

どう見ても
タクシーを利用する側にとって

あまりお徳で
ないような改定ですが、

どうしてこのような
改定がされたのでしょうか?

まずは、タクシー業界の
将来が危ういことがあげられます。

そのことについて
次で詳しくご紹介します!!


Sponsord Links



タクシー業界の将来が危うい!

タクシー業界の
将来が危ういのは、

時代の進歩が
とても早いことです。

そぅ!

たぶん

マンガや映画で
観たことがあるのでは、
ないでしょうか?

タイヤがなく
浮いて走る車です。

それは、もちろん!!

ハンドルも無く
、行き先を備え付けの
液晶画面に向け
て話すだけです。

そうすると寝ていようが、
一緒に乗った家族や友人
と景色を楽しみながら
乗っていれば、

車が目的地まで
運んでくれる
システムが着々と
進んでいるんです。

今は、メルセデスベンツは、
早くも発売されました。

今後、各社争って、
この種の車を
開発を促進して
発売すると思います。

余談ですが、
日産リーフが国内では、
進んでいて

既に自動運転システム
が内臓されるようです。

もし、

このようなことが将来、
現実となれば

車を持っていなくても
シィアレンタルで、
車を借りて、
乗り捨てすれば
安く済みますし、

目的地を入力するだけで、
運んでくれます。

わざわざタクシーに乗って
高い運賃を支払ってと
面倒なことをしなくても
いいわけですからね!

また、

これらの開発には
IT業界も参入し始めていて、

自動運転システム開発は、
お手の物ですからね!

IT業界が得意とする部門は、
やはり広告収入では、
ないでしょうか?

いわゆる、

車に液晶モニターが装備されていて、
お客さんがその宣伝広告を見ることで、
収入に繋がると言う訳です。

ネットと利用価値は同じで、

タクシーに乗るのは、無料ですが、

モニターを観て下さいという
システムを作るわけですね・・・

そんな無料のタクシーなんて、
作られてしまったら

タクシー業界は、もうお手上げです。

そういうことを懸念して
先の計画として、

ちょい乗りの
お客さんを
集める目的から
始められたと
言うわけですね・・・

しかし、

無料のタクシーと
410円のちょい乗り料金・・・

もし、

実現してしまったら
通常のタクシー業界は、
いくら乗っても410円!?

と言う事をしないと
無料のタクシーには、・・・

まとめ

ちゃくちゃくと進んでいる
IT業界と各車メーカーですが、

今は、コンピューターがあることから
以前と比べて進歩するスピードがとても速いです。

先駆けとして始めた、
運賃の改定ですが、

タクシーの利用方法について
もう一度、考える必要が
あるかもしれませんね。

これからタクシー業界が
タクシーと言うビジネスを
勝ち取るためにも
良質なサービスも
必要になるでしょう。

また、

タクシーは、
身近な物と
更に意識付ける
必要もある・・・

まだまだ、

タクシーは、
高いならバスで!と
言う意識なことは、
確かです。

そこをどう変えていけるかで、
生き残れるのは、ないでしょうか

最後まで読んでくれて
ありがとうございます。

Sponsord Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする