藤井聡太おもちゃ立体パズルが話題に!木製積み木やビー玉が育成にとても良い!


藤井聡太おもちゃ立体パズルが話題に!木製積み木やビー玉が育成にとても良い!

藤井聡太おもちゃ立体パズルが話題に!木製積み木やビー玉が育成にとても良い!

中学二年生14歳という若さでプロ棋士デビューとなった藤井聡太六段ですが連勝を記録が続いて注目されていますが!

そんな藤井聡太六段が幼少期に使っていたということで「キュボロ」という木のおもちゃが話題になっています!

今回はそんなキュボロ社の積み木おもちゃについて詳しくみていきたいと思います。


Sponsord Links


藤井聡太さんのプロフィール

それでは藤井藤井聡太六段のプロフィールを簡単にご紹介させていただきます!w

出典先:https://mainichi.jp/

プロフィール

名前:藤井聡太
生年月日:2002年7月19日
プロ入り年月日:2016年10月1日
棋士番号:307
出身地:愛知県瀬戸市
師匠:杉本昌隆
段位:四段

14歳2か月のプロ棋士の誕生は62年ぶりの最年少記録の更新であり、日本中を沸かせました。それまでの記録は最近よくCMに出ているひふみんが持っていたのですよ。

新プロ棋士としてデビュー戦からいきなり29連勝というこれまた新記録を打ち立て、さらに大騒ぎとなりました。本当に強いのですよ。

それまでの最年少記録保持者であったひふみん、加藤一二三さんは「神武以来の天才」と評されました。藤井聡太さんはなに以来の天才といわれるのでしょうか。

中学生でプロ棋士になったのは過去に4人しかいないのです。

そのうちの一人の羽生善治さんは先日国民栄誉賞を受賞されました。

藤井聡太六段もいずれはそうなるかもしれません。

その後も勝利を重ね、公式棋戦での初優勝もあり現在はすでに六段なのです。10代にして名人位を獲得するかもしれません。

藤井聡太六段が幼少の頃に遊んでいた「キュボロ」って?

藤井聡太六段が幼少だったころ遊んでいたのは「キュボロ」という立体パズルだったと母親のコメントありました!

ブロックを組み立てて玉が転がる道をつくるおもちゃで論理的思考力や集中力先を読んで考える力が養えると言います。

大人でも考えながら組み立てるほど複雑なパズルですが、藤井四段は3歳にして既に立体迷路を完成させていたとか……!

思考力を育むなど、子どもの発達をサポートするおもちゃは一般的に「知育玩具」と呼ばれます。知育玩具は普通のおもちゃとどう違うのか、日本知育玩具協会にお聞きしてみました。


Sponsord Links


藤井聡太六段を育てた「キュボロ」が大人気?

史上最年少棋士として注目の藤井聡太六段ですが・・・

藤井聡太六段がデビューした時から公式戦負け知らず連勝が今だに止まりません!!

また藤井聡太六段は羽生善治3冠との対局で勝利を収めています!!

藤井聡太六段って将棋界にとんでもない天才棋士・・・?

いや藤井聡太六段人間じゃないのかも!?www

そんな藤井聡太六段を育てたと注目を集めている玩具が存在します!!w

それが「キュボロ」なんですね!!w

藤井聡太六段が幼少の頃に遊んでいたおもちゃなんだとか!

このキュボロは環にも優しくつくられたスイス生まれの積み木型立体パズルのおもちゃです!

キュボロは立方体を組み合わせて上からビー玉を落として下までの到達するためを考て作っていく玩具なんです!

また外側からは分からないところにポイントがあってその部分は頭の中で創造しながら作るので思考力が向上するという物なんですね!!www

このキュボロを組み立てることで幼児の創造力や集中力が失われるようです!

藤井聡太六段が幼少の時にこのキュボロと言う玩具を飽きずに遊び続けていたというからこの頃から集中力が凄かったことがわかります!!w

藤井聡太六段のような天才能力が引き出されることは間違いないですね!!w

残念なことに「キュボロ」は現在注文が殺到していて半年待ちの状態のようです。

最後に

将棋界の新星藤井聡太六段!!w

今後は彼の活動がメディアで紹介される頻度も増えることでしょう!

更に藤井聡太六段は有名になることは間違いないです!w

これからも藤井聡太六段の活躍を楽しみしています!!

今回はここまで!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

Sponsord Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする