paypalとは分かりやすく!安全性・デメリット・手数料まとめ!


paypalとは分かりやすく!安全性・デメリット・手数料まとめ!

最近PayPalが話題になっていますが・・・

このPayPalについてご存知でしょうか???

ニュースやネットで話題になっているので「PayPal」は聞いたことがある・・・

と言う方は多いのではないでしょうか!?

でもどんなサービス内容なのか???

と細かいとこまでは知らない方がほとんどだと思います。

このPayPalはクレジットカード決済サービスの1つなんですが

既に世界中の人が使っているサービスなんです!

ということで今話題にのこのPayPalについて詳しくお話をしていきたいと思います!

きっと使い方が分かればとても便利なサービスなので是非!利用してみていただきたいと思います!!

それでは早速この「PayPal」についてお話していきたいと思います!


Sponsord Links






paypalとは分かりやすく?

それではこのPayPalというクレジット決済サービスについてご説目したいと思います!

このPayPalは世界中で利用されているサービスで

既に1億5000万人以上の方々利用している新たに加わったクレジット決済サービスです。

なのでPayPalを使う際は一切キャッシュがひつありません。

利用者からはとても便利で安全なサービスと好評を得ているようですよ。

特にショッピングが好きと言う人には持って来いのキャッシュレスなサービスと言って過言ではありません!!

このPayPalは元々オンラインでショッピングする人が安全・安心して買物が出来るようにと考えられたサービスなんです。

なぜこのPayPalを利用することで安全・安心なんでしょうか?

実は、このPayPalというサービスはあなたのクレジットカード情報をPayPalに登録しておけば

あとはPayPalがお店側とあなたを仲介の役をします。

もしあなたがオンラインなどで買物した場合に決済する際にIDとパスワードだけ入力すれば支払いが完済してしまい

今までみたいにクレジットカードの番号を入れたり住所や名前など個人情報を入れる必要がないのでセキュリティ上とても安全ということになります。

更に先ほどもお話をしましたがこのPayPalは今や世界の1億5000万人以上が利用するクレジット・サービスなので

PayPalを登録するショップも多いのでショッピングがメチャクチャ楽しいし安全に買い物をすることができます。

余談ですが・・・

このPayPalにはキャンペーンなどもあるので更にショッピングが楽しくなること間違いなしです!!

加えてネットでショッピングする際に情報がリークする不安あると思いますが!?

このPayPalはそのような問題に徹底して対応しているのでまったく心配ありません。

その理由としてPayPalには不正や情報のリークに備えて常に24時間・365日を2000人以上体制で対応していてセキュリティはバッチリです!!

こんな時代だからこそPayPalのようなネット犯罪に備えている新たなシステムがこれからもてはやされると思います!

PayPalの安全性とは?

まずこのPayPalの本社はシンガポールにあります。

また東京支社もあるのでとても安心して利用できます。

PayPalの通期業績を2017年度で表すと約130.94億ドルまで達成しています。

この30.94憶ドルを日本円に換算する1兆円を超えることになりますね。。。

利用者数は約2.27億人以上と言えます。

ここまで業績がある会社であれば決して怪しいとは言えないのではないでしょうか!?

また既に日本では「資金移動業者」として登録されている立派な企業といえるのでないでしょうか?

これだけあれば何も心配する理由などないのではないかと思いますが

いかがでしょうか?

これからPayPalを利用しても安心で更に手厚い保証制度があるので保安上しっかりと対策している事が理解できるのではないでしょうか。


Sponsord Links






paypaの危険性とは?

それではまったくPayPalを利用しても危険性はないのでしょうか?

いいえそんなことはありません。

PayPalにも危険性なことが潜んでいます。

それがこちら↓

・PayPalのアカウント・パスワードはしっかりと管理する。
・買い手保護を悪用する。
・フィッシングメールが多く送られてくる。

PayPalを利用して危険性が考えられるとしてら大きく分けてこの3つがポイントになります。

まず1つ目のPayPalのアカウント・パスワードの厳重管理ですが・・・

これは今や個人情報がリークすることは日常茶飯事にように起きています。

ですからPayPalだけに言えたことではありませんが

特にお金に関係する情報は簡単に教えてたりまた簡単に解読されるようなパスワードを使わずになるだけ複雑なパスワードを作って利用することが必須ですね!

次に2番目の買い手保護による悪用ですね。

これはPayPalを利用して物を売ったりサービスを販売することになります。

いわゆるあなたがPayPalを利用して販売者側になるケースです。

これは逆に買い手を装ってデータを読み取るケースがあるので注意が必要ですよ。っていうことです。

やはりこれもアカウント・パスワードを厳重に管理しておくことが大事です。

最後にフィッシングメールに気を付けることですね。。。

PayPalだけではなくキャッシング関係ではよくある話ですが

メールを送ってあなたの情報を聞き出す手段です。

相手は詐欺グループなのでメールの内容はされなりに信用してしまうような内容を送ってきます。

それには対応する場合は少しでも疑うようであれば問い合わせをしてからにするようにしましょう。

PayPalは世界で利用されているサービスなので今のご時世では仕方ないことかもしれませんね。

先ほどもお話しましたがPayPalだけに特化したことではなくネットを利用されている方全てに共通する内容なので気をつけるようにして下さい。

paypaのメリットとは?

それではPayPalを使うメリットな何なんでしょうか?

最近は個人で販売やサービスをする方が増えていますが

今までは何かを販売する際に個人業者がクレジット決済をするとなると決済手数料がとんでもなく高額になってしまいます。

しかしこのPayPalに登録して使うことで決済手数料が少額で済みます。

ということはPayPalを利用すれば個人が個人とやり取りして利用できるサービスということなんです!

もちろん金銭的なやり取りでは使うことができませんが

何か物を売るとか・・・

またはサービスを提供するといったときに利用するこが可能になります。

またPayPalを使うことで支払いが簡単になりセキュリティもしっかりしているので安心です。

PayPalの支払いサービスは登録されている相手のメルアドがあれば対応できてしまいます。

PayPalは1億以上にもなるアクティブアカウントを所有しているので相手が既にPayPalのアカウントを持っていれば簡単に決済することができてしまうので

相手のクレジットカードの番号を聞いたりすることもなくお互いに安心して取引できるようになります。

またPayPalのサービスは買い手もしっかりガードしてくれるので安心ですね!

もし支払いを決済してもいつまで待っても商品が手元に届かな・・・

そんなときはキャンセルをして返金してくれるシステムになっているので購入者が損するようなことがありません。

このPayPalサービスを「チャージバック」と言って守ってくれるサービスがあるので安心してショッピングをすることができるんです。

paypalのデメリットとは?

それではPayPalにはデメリットは存在しないのでしょうか?

そんなことはありません・・・

ということで例を上げてご紹介したいと思います。

その1:ネット通販のサイトで異なるセキュリティを使っていて顧客の情報がリークするといった事故が発生している。

これはPayPal側はちゃんと管理をしているのですがネット通販側に問題があると顧客のデータがハッキングされてしまい、

購入をしていないにも関わらず商品を購入したようになりPayPalの残高が知らないうちに減っているなんてことが発生してしまい情報がリークしたことでクレジットカードから多額のお金が引き出されたというトラブルが発生したことがありました。

解決策としてはPayPalではクレジットカードを使わないで現金で決済をしていくようにすることです。

事件その2:PayPalの買い手保護制度に問題が発生

先ほどもお話をしましたがPayPalに買い手保護制度がありますが

読んで字のごとくですが買い手を保護するサービスです。

頼んだ商品の支払いは済んでいるのに商品が届かない・・・

そんなときにきちんと保証してくれます。

買い手にとってはとても安心できるサービスなんですが・・・

本当は頼んだ品物を受け取っているにも関わらず品物を受け取っていないとクレームを言って返金させるというトラブルが発生しています。

これには売る側に落ちどがあって受け取りの完了証明書を出し忘れたことで受け取りの証明ができないためにお金をだまし取るといった問題になりました。

簡単にいうとこれらはPayPalに問題があるのではなく個人と個人で取引したりまた小規模な店舗でのやり取りで発生しやすいことなのでルールに従って行っていれば防げて事案だったのではかいかと思います。

よってPayPalには問題がないのではないのかもしれませんが。

PayPal側もこのようなトラブルは防ぐために2017年を堺に万全を期して二度とこのような問題が起きないように整えているようですよ!

PayPalで取っているセキュリティが

・365日24時間の監視システム
・個人情報は最高水準の暗号化キーで保護と売り手に情報が渡らない
・業界最高レベルのセキュリティ技術
・国際セキュリティ基準であるPCI DSSに準拠

こちらです!!

paypalの手数料はいくら?

それではPayPalを利用した際に発生する手数料とはどうなっているのでしょうか?

冒頭でもお話をしましたがPayPalを利用しているのは世界で1億5000万人以上と言われています。

よって扱うのが円払いだけではありません。

外国の通貨ももちろん取り扱っているので海外での決済も導入しています。

そのためにPayPalでは買い手保護として返金制度システムを導入し安全性や安心してショッピングができるわけです。

ということでもしあなたが海外で販売しているネット通販を利用した時に発生する手数料についてご紹介しましょう!

クレジット決済類            為替手数料
・PayPal           2.5%~4.00%(日本は4.00%)
・VISA           1.63%
・MasterCard       1.63%
・JCB           1.60%
・AMEX                       2.00%
・Diners Club       1.39%

これを見ると国内でPayPalを利用する利便性はないかもしれませんね!?

PayPalのネットの声は?

それではPayPalのネットの反応を見てみたいと思います。

まだまだPayPalはこれからって感じですね。

でもネット通販側にしてみたらとても興味があるのではないでしょうか?

まとめ

このPayPalを利用するのにメリットがあるのが海外でのやり取りがとても便利になるサービスです。

例えば海外のオークションなどが良い例ですよね!!

更には海外の人を対象に物を売りたいなんていう人にもとても便利なサービスではないでしょうか?

また海外で出店しているネット通販サイトから物を購入するのにいままではやたら登録がめんどくさいといったデメリットがありましたが

このPayPalを利用することでPayPalのアカウントがあればそれだけで取引ができてしまいます。

しかしその逆に国内で利用すること思うとメリットな面は少ないかもしれませんねぇ。。。

ほとんどのネット通販サイトではクレジット支払いが主流なのでいまさらPayPalに変えてまでやることもないのではないでしょうかね!?

取り敢えずPayPalとは何か?

PayPalのメリット、デメリット、危険性などをまとめてみました!!

Sponsord Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする