貴公俊の由来や彼女の存在が噂に?実家や父母ハーフ説が気になる!


貴公俊の由来や彼女の存在が噂に?実家や父母ハーフ説が気になる!

こんにちは、管理人のテツです!www

暗い話題ばかりの相撲協会てすが・・・

そんな中、とても嬉しい話題がありました!

貴乃花親方の愛弟子の貴公俊が新十両昇進が決まり話題になっていますね!

貴公俊が貴乃花部屋初の新三役になりました!w

そんな貴公俊の名前の由来や彼女・・・

更に実家は、どうなっているのでしょうか?

さっそく見て行きたいと思います!

それでは、行って見ましょう!w


Sponsord Links


貴公俊のプロフィール

それでは、貴公俊のプロフィールを簡単にご紹介させていただきます!w

本名:上山 剛(かみやま つよし)

生年月日:1997年5月13日 (年齢:20歳)

四股名:貴公俊(たかよしとし)

出身地:栃木県小山市

身長/体重:185cm/148.8kg

所属:貴乃花部屋

だそうです!w

貴公俊には、弟がいますが、貴公俊と同じくお相撲さんですね!

貴公俊兄弟は、双子で!

一卵性双生児なので、よく似ていますね!w

貴公俊の経歴を少しお話しますね!w

貴公俊と貴源治は、兄弟ともに栃木県の出身ですが

貴公俊と貴源治は、茨城県で過ごしています!w

どうして・・・?

どうも貴公俊と貴源治の父は、茨城県の出身と言う事で、栃木県から茨城県に引っ越しをしたようですよ!

貴公俊と貴源治は、「境町立境中学校」の出身で

貴公俊と貴源治は、バスケットボールに所属していました!

茨城県中学選抜に選ばれバスケットボールで、全国3位になってますね!

もともと貴公俊と貴源治は、運動神経が良いんですね!?

そんな貴公俊と貴源治は、バスケットボールの推薦入学の話しも多かったようですが

しかし、父親から関取になることを薦められた貴公俊と貴源治は、相撲は未経験でしたが

2013年3月に中学校卒業と同時にして貴乃花部屋に入門しました!w

その後、弟の貴源治が先に新十両に昇進した時の事を兄の貴公俊は、「嬉しさ6割。。。悔しさ4割」と心のうちを話してくれました。

しかし、悔しさをバネにして頑張ったんでしょうね!

弟の貴源治から1年遅れですが貴公俊が新十両に昇進出来ました!

これからも頑張ってほしいですね。

今回、兄の貴公俊が十両に昇進したことで、二人そろった事になるので、

親方の貴乃花も記者会見では、満面の笑みで喜びが隠せなかったようです!w

貴公俊と貴源治の活躍が楽しみです!


Sponsord Links


貴公俊と貴源治の四股名の由来って?

貴公俊と貴源治の四股名の由来ってなんでしょうか・・・???

と言う事で貴公俊と貴源治の四股名について調べてみました!!

色々と調べて分かったことは、貴公俊と貴源治の四股名について公開されていませんでした。。。

相撲などに精通する人からの話では、

どうも貴乃花親方が京都の龍神総宮社をと言う神社が好きで時間がある時は、進んで参拝をするんだそうです!!

それで、その龍神総宮社を創始された辻本源治郎さんと長男の辻本公俊さんから名前を頂いていているとの噂がありました。

また、兄の貴公俊の四股名ですが弟が父親からもらったとかもらってないとか言われていますが

もしそうだとすると弟が先ということになるとちょっと問題がありですが。。。

更にこの「公」の漢字ですが


音読みだと「クまたはコウ」ですよね!?

訓読みになると「おおやけ、きみ」ですが・・・

普通は、「よし」とは読まないのですが

人名に使う場合は、特に問題ないようです!!www

また、関取に使う四股名では、漢字に間違いがなければどう読もうと問題なしらしいので、大丈夫です!!www

貴公俊に熱愛彼女がいるの?

貴公俊と貴源治は、イケメンと言うよりも

かわいらしいが合ってますよね!w

そんな貴公俊と貴源治に可能の存在や熱愛疑惑が浮上しておらず

と首をかしげている毎日。。。

これと言って、貴公俊と貴源治の熱愛報道がいまだありませんが

貴公俊と貴源治は、中学生の時にバスケットボールで、茨城県で3位まで行っているので、女の子の目にとまるはずですから!?

貴公俊と貴源治に彼女がいないとは、考えられませんからね!w

今後、更新されましたら追記させていただきます!w

まとめ

いかがでしたか?

昨年の障害事件いらい暗い話題ばかりだったので

貴乃花親方の笑顔が見られたげでも嬉しいです!w

双子の相弟子二人の活躍が話題になり相撲も盛り上がってくれると良いでね!w

更に今後の活躍に期待しています!

今回は、ここまで!

最後までお付き合いしていただきありがとうございました!

Sponsord Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする