o157感染経路を徹底解説!2次感染の原因はトングの使い回しか?


o157感染経路を徹底解説!2次感染の原因はトングの使い回しか?

今回、埼玉県熊谷市と
郡馬県前橋市などに
店舗を持つ惣菜店「でりしゃす」で買ったポテトサラダを
食べてO157に感染して
大変なことになっています。

更に「でりしゃす六供店」で
やはり惣菜を購入して
食べてO157に感染した中に
3歳の幼児が含まれていて
死亡するといった事件に
なりました。

亡くなった3歳の幼児は
ポテトサラダではなく
加熱処理された惣菜だったことが分かっています。

市はこの件についてO157の
感染経路を使い回しのトングの
可能性が高いと更に調査を
行っているとのことですが
真相は、どうなんでしょうか?

順番にお伝えしていきます。


Sponsord Links

加熱処理された惣菜でもO157に感染する?

3歳の幼児が「でりしゃす六供店」で加熱処理された惣菜を食べて死亡しました。

事件は群馬県の「でりしゃす」の4店舗で既に加工されたポテトサラダやコールスローなどを食べて20人がO157に感染していまいました。

今回は、O157の感染によって
「でりしゃす」の本店や支店を含む17店舗を3日間の営業停止処分にしました。

更に8月11日に
「でりしゃす六供店」で
加熱処理された惣菜を購入して
食べた二人からO157に感染したと報告があり

そのうちの3歳の
幼児が死亡するという最悪な
事態になってしまいました。

前橋市は緊急にこの問題の
記者会見を保健所長などと
13日午後3時から行いました。

O157の感染経路は客の総菜取り分けずさんな管理が問題か?

前橋市の記者会見では
O157に感染したのは
加熱処理された総菜から
とは断定していないが

前橋市の説明では
自宅では加熱処理することで
十分に殺菌効果を得ることは
できますが

店舗での販売に関しては
1度加熱処理しても
総菜が冷めることで
無菌な状態ではなくなって
しまうこともあると
説明しています。

温度が下がった総菜から
感染することも十分に
考えられるとのことですが

その他に考えられる
感染経路としては

不特定多数の人が
取り分けのさいに
触ったトングなどから
感染することも十分に
考えられるとのことでした。

感染経路をさらに検証すると・・・。

-こちらの店舗での
販売方法は顧客自身で
好きなだけ取り分けして
購入するタイプなんで

販売している総菜には蓋などを
して外気になるだけ触れないような策はとられてなく

今回も事故が起きるまで
「でりしゃす」各店舗では
客が自由に取り分けできるようにトングが使われていたことや

厨房で使う包丁やまな板は
多くの食材を処理する時に
使われていたことも
判明しているそうです。

しかし前橋市の保健所は
徹底的に感染経路を調査を
していますが

今だ究明することが
できていないとのことです。


Sponsord Links

約半数の人が総菜を購入している?

今回は、総菜から感染したのか?
または取り分けに使った
トングから感染したのか?

感染経路ははっきりとは
していませんが

スーパーなどで
買い物をしていると
無造作に置かれている
総菜の取り分け用の
トングや蓋がないまま
置いてある総菜は

ごく普通に見かける
光景ですが

やはりそこに大きな
落とし穴があったことに
気づかされましたね。

しかし今やスーパーの
お惣菜コーナーだけでなく

ホテルのバイキングや
パン屋さんでの購入など
いたるところに不特定多数が
使用するトングが置いて
ありますよね。。。

もし、今回のO157の
感染経路がトングだと
考えると恐ろしくなります。

しかし食品を販売している
側だけが注意しても菌の
感染を防ぐことは不可能です。

やはり私たち消費者も
衛生面に注意して食品を
手にするときは手を洗ったり
または洗浄材を手につけて
から食品を触るといった
注意が必要なのかもしれません。

今回の総菜から
O157に感染した事故は
状況が加熱処理された
総菜でまた同じ食品から
検出されていませんが

一日も早く感染経路の
究明をしていただきたいと
思います。

まとめ

今回、O157に感染したことで
3歳の女の子が亡くなる
痛ましい事故になりました。

また総菜から感染したのか?
不特定多数が使用するトングから感染したのか原因は
究明されておりませんが

バイキング形式で食べ物を
提供している場所であればどこでも感染のリスクはあります。

お客さんにも入店時に
手の消毒やマスクなどの着用を
義務付けない限り
今後も同じような事故は
続くかもしれませんね…

今後、このO157の
感染経路のついては更新された
情報が分かりしだい追記して
いきたいと思います。

最後まで読んでいただき
ありがとうございましいた。

Sponsord Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする