マスク依存症の増加に警告!NHKの朝のニュースで取り上げられた!


マスク依存症の増加に警告!NHKの朝のニュースで取り上げられた!
このごろ男女に関わらず
マスクを付けている人って
本当に多くありませんか?

まぁ!

インフルエンザが
流行る時期でもあるので、

予防対策として
つけている人もいると
思いますが・・・

で、

最近は、理由もなく
一年中マスクをつけている人が
いるんですよね。

どうも

健康を気にしてでは、なく
マスク依存症が原因で
一年中付けている人が
いるんだそうです。

マスク依存症について
調査検証をしましたので、
ご紹介したいと思います。


Sponsord Links



マスクをする意味を考える

本来マスクをする理由として、

●花粉症対策
●インフルエンザに感染予防
●インフルエンザをうつさない
●PM2.5などの有害物質の予防対策

などの予防対策として、
つける人がいます。

しかし、

ここ最近、このような目的以外で、
マスクをつける人が
多くなっているんですよね・・・

今まで、マスクは、
健康に問題がある場合に
使っていました。

例えば・・・

インフルエンザ予防や、
インフルエンザに罹ってしまって
人にうつせないとか理由でした。

しかし、

最近は、マスクをつけている人の理由として、

『伊達マスク』として、
つけていることが
多いんだそうです。

それで、

健康以外の理由としては、

●口元が暖かい
●保湿効果がある
●外気を吸い込まない

だそうです!

これらの理由は、
まだありですよね。

外気の接触を
避けることが出来れば、

風邪やインフルエンザなどに
罹るといったリスクは、
下げるわけですからね。

その他に

タバコの副流煙や臭いなどの
不快感も避けることが出来ます。

これらの理由で、
マスクを付けているなら
なんら問題のないことだと
思いますが、

しかし、

違った意味で
マスクを利用するのは、
ちょっと問題が
あるんだそうです。

そのことを
これから
お話しようと思います。

マスク依存症の理由とは

マスク依存症の
理由について
ご紹介したいと思います。

その理由として、

●すっぴんを見られたくない
●ひげを剃らないときに隠す
●なるだけ小顔に見せた
●口元を隠してかわいく見せる

これら4つが大きな理由だそうです。

確かにマスクをつけると
顔がハッキリと見えないために

逆によく見えるといった、
とても都合が良い
アイテムでは、
あるんですよね・・・


Sponsord Links



マスク依存症に警告

マスクを片時も
手放せなくなる人が
いるほど

「マスク依存症」の
人がいますが、

マスクをつけると
口元と鼻や頬を隠せるので、

気になる人は、
人の目を気にしないで
済みます。

気にする人は、
顔を隠せることで、
安心感を得る事ができます。

いつも他人の目を
気にしている人は、

●周りの人は、私のことをどう見ているのか?
●周りの人は、私のことをどう思っているのか?

このような事を
いつも気にしています。

もし、

マスクをつけることで、
これらのことを
気にしないで済むのであれば、

とても素晴らしい
アイテムになるはずです。

しかし、

この事が、
頻繁になると
マスクを手放せない

『マスク依存症』となり・・・

とてもデメリットなことが
多くなるので、
注意しなければなりません。

いつもコンプレックスを
感じている人には、

マスクは、とても助かるはずです・・・。

と言っても

伊達マスクをする事で、
社会を断絶してしまうことになり、

他人とのコミュニケーションが
上手く出来なくなってしまい

最後は、このマスク依存症が
重症化してくると

自分から周囲との
関係を閉ざしてしまう
ことになります。

最悪な場合、
引きこもってしまう
ケースも多々あるんだそうです。

それから

●マスクなしでは、話ができない。
●人と話すときマスク無しでは、会話が成立しない。

と、いったことが
出来なくなってしまう場合が
あるんだそうです。

まとめ

最近は、
SNSを使って、

他人とのコミュニケーションをとるため、

マスク依存症の人は、
更に加速してしまいます。

このような生活習慣がもたらす状況は、

社会との関わりを
拒絶してしまうばかりか

人と話す方法すら
分からなくなってしまう事も
考えられるでしょう。

たしかに、

マスクは自分を隠してくれる
便利なアイテムでは、ありますが、

安易に依存しすぎるのはよくないことです。

もし、

あなたが夏になっても
マスクをしているようなら、

一度、『マスク依存症』を
疑ったほうがいいかもしれません・・・

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsord Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする