子供の幼稚園は何歳から?幼稚園・保育園のメリットデメリットで比較


子供の幼稚園は何歳から?幼稚園・保育園のメリットデメリットで比較

幼稚園や保育園の入園に先立って、『3年保育と2年保育どちらが子供にとってベストなの・・・?』と頭を抱えてしまうママやパパも少なくないのではないでしょうか?

2年保育で家族の時間をつくるべきなのか・・・?

それとも幼稚園に少しでも早く入れるべきなのか・・・?

子供にとってベストな選択をしてあげたいが・・・???と戸惑っているなら是非!これからご紹介する内容を読んでみて下さい!

ここでは、幼稚園や保育園選びのポイントを詳しくご紹介します!!

子供の幼稚園は何歳から?

幼稚園に子どもを入れる時期が近づいてくると、わからない事がちらほらとでてきますよね。

年齢ではなく学年だったり、年度だったり、ちょっと独特の事が増えます。

例えば、三歳児クラスから入園させる場合、三歳の誕生日を過ぎた子どもが対象となります。

もうすぐ三歳になる子どもは入園できません。

三歳の誕生日を過ぎた、次の四月に入園というのが普通です。

ただ、最近の傾向として、「三歳の誕生日を迎えれば随時入園させてもいい。」なんて事もしばしば見受けられます。

これですと、二歳児と三歳児が入りまじる事になりますよね。

なので、すべての幼稚園で適用されるものでは今のところありません。

まだ各幼稚園に任せている部分が大きいのではないでしょうか。

幼稚園によっては、二年保育といって、四歳からしか入園できないところも少なからず存在します。

人気の幼稚園などでは、定員の影響で、5歳児からしか入れないような場合もあるようです。

公立か私立かによっても、ルールに差がでてきます。

ですので、入りたい幼稚園をみつけたら、その幼稚園に直接聞くのが一番でしょう。

最近は待機児童も多いので、素早い行動が大切です。どこに通わせるか決めるには、見学がお薦めです。

自分の目で確かめる情報が一番確実です。

園の方針や説明の内容ももちろん判断材料にはなりますが、一番わかりやすいのは、園児の表情です。

是非参考にしてみてくださいね!!


Sponsord Links


幼稚園選びのポイント

子供が3歳を迎える頃になると、通う幼稚園について、色々調べ始めることでしょう。

幼稚園は通園圏内にもかなりの数があり、教育方針も園によって様々です。

では、幼稚園選びで必要な注意点にはどういうことが挙げられるのでしょうか?

まず第一に、送迎バスのことも考えて、通園可能な幼稚園をピックアップします。

幼稚園が近いととても便利ですが、近さだけで選ぶと失敗してしまうことになります。

次に、どんな校風の幼稚園に入れたいかを考える必要があります。

お勉強系であるとか、のびのび系であるとか、その条件にあった幼稚園をピックアップします。

これだけでも、おそらく数は絞られてくると思います。

後は、保護者の都合に合わせて選んでもいいと思います。

生徒の数や担任の数はどのくらいか?給食は幼稚園で作っているか、それとも外部委託か?

母親が働いている場合は預かり保育も確認しなければなりません。

朝は何時からか?夕方は何時までか?また、その料金はいくらか?夏休みや春休み、冬休みにも対応しているか?

それに、保護者が出ていかなければならない行事も確認する必要があります。

ほとんどの行事に参加する必要のある幼稚園は、働いている母親にとっては都合を付けにくいかもしれません。

幼稚園をいくつか絞り込むことが出来たら、説明会には必ず参加するようにしましょう。

幼稚園の様子や先生の様子も判断材料の一つになると思います。

また、その幼稚園に通わせている知り合いのママがいれば話を聞いてみましょう。

幼稚園・保育園のメリットデメリットで比較

幼稚園と保育園は、色々と違うところがあります。

まず、先生が持っている免許が違います。

幼稚園の教諭と、保育士さんでは、管轄の省も違います。

これは、行政的な見解ですが、幼稚園教諭は、どちらかというと教育中心で、保育士は、子どもの心や体を中心とした保育といった感じになります。

でも・・・

保育園でも英才教育に力を入れていたり

幼稚園でもメンタル重視だったり

その園の方針は様々なので、一概にはいえません。

大きい違いといえば、幼稚園は誰でも入れますが

保育園は、保育ができない理由がなければ入れないところですね。

保育園は、仕事や病気などで、保育に欠ける場合にのみ利用できる「児童福祉施設」です。

幼稚園は「学校」です。

保育園は、生まれて数ヶ月からでも入れるところがありますが、幼稚園は満三歳からしか入れないというのも違いの一つです。

また、幼稚園にお昼寝はありませんね。

預けられる時間も基本的には保育園より幼稚園の方が短くなります。

その他にも、細かな違いはたくさんありますが、どちらも一長一短です。

保護者や家族のライフスタイルに応じて、どちらが適当かも変わってくるでしょう。

どちらか迷った場合は、両方に見学にいくのも一つの手です。

行政に相談してみるのもいいかもしれません。

どちらを選ぶにせよ、合わないからといって簡単に何度も転園できるものではないので、後悔のない選択をしてください。

家族全員にとって一番ベストな選択を相談しながら決めてくださいね。

まとめ

どうでしたでしょうか?

3年保育なのか?

それとも2年保育にするのか?

またまた、幼稚園なのか保育園なのか?

親として大切な決断をするときが来ましたね・・・

とは、言っても、パパ・ママのライフスタイルが一番優先するので、そこから図を書いていけば絞りこめるのでは、ないでしょうか?

どれもメリットがあるしデメリットがあります。

子供の何を優先してあげたいのか?それがとても大切です。

お受験をして、幼稚園に入園しない限りどちらも似たような教育方針です。
・パパ・ママのライフスタイルを見直す。

・子供に何をしてあげたいのか?

・お受験をして幼稚園に入る。

大きく分けて大事なことは、この3つですが・・・

結論としては、公立の小学校に入るのであれば幼稚園に行っていたとか・・・いなとか・・・そほど問題は、ありません。

子供は、親が思うほど子供では、ないので、彼らなりにちゃんとやっていけてしまうものです!

一度、夫婦で子供のために話して見てください!

今回は、このへんで!

Sponsord Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする