赤ちゃん虫歯いつから始まる?初期治療と予防策を考える!


赤ちゃん虫歯いつから始まる?初期治療と予防策を考える!

『赤ちゃんにキスをすると虫歯になるってホント?』

『子供を虫歯から守るには、何歳から注意するべき?』

なんて声を良く聞きます・・・

赤ちゃんの虫歯の原因は、パパやママのキスにあると言われていますが、それは、事実で、まれたばかりの赤ちゃんは、虫歯の元となるミュータンス菌を持っていません。

ということはですよ!

そのミュータンス菌は、いつ?どこで感染してしまうのでしょうか?

赤ちゃんの虫歯いつ始まる?

赤ちゃんの虫歯の原因は、主に両親やおじいちゃん、おばあちゃんなどの近親者が赤ちゃんに虫歯菌(ミュータンス連鎖球菌)を感染させることにあります。

もしも、二歳から三歳まで(十二歳までという説も)の間に、周りの人が虫歯菌を感染させなければ、一生虫歯にならないですむという説もあるのです。

ただし、これはとっても難しいので、あまり神経質になりすぎるとお母さんが疲れてしまうかもしれません。

まず、赤ちゃんの唇に唾液をつけるキスは厳禁です。

大人の口で咀嚼した食べ物を赤ちゃんに食べされるのもダメ。

箸やスプーン、コップなどの共有ですらNGなんです!

かわいい赤ちゃんの手を大人が口に含んで唾液をつけ、その手を赤ちゃんが口に含んだらアウトです。

虫歯菌を保菌する人が話していて、赤ちゃんの唇や口の中に唾液が飛んでしまってもレッドカード・・・。

赤ちゃんに虫歯菌を感染させないことがどれだけ困難かおわかりいただけたでしょうか。

大人の唾液から赤ちゃんに虫歯が感染するということを知らない人も多いですし、おじいちゃんやおばあちゃんなどはやめてほしいと懇願してもきいてくれないことがあるものです。

なるべく虫歯菌に感染させないように心がける程度にして、歯が生えてきたら虫歯にならないように気をつけてあげた方が確実に虫歯を予防できるでしょう。

一生懸命にがんばっても、子供同士でジュースの回し飲みをして虫歯菌に感染してしまう可能性もありますし、虫歯菌の感染を気にしてスキンシップ不足になってしまう方が大問題です。

赤ちゃん虫歯初期治療が大事

赤ちゃんが虫歯になっても、治療は必要ないと考える方もいるかもしれません。

どうせ乳歯だし、永久歯が生えてきたら気をつければいいやと思っていると大変なことになってしまいます。

虫歯になってしまったということは、虫歯になりやすい生活習慣だということ。

まずはこれを治さないと、永久歯が生えてもすぐに虫歯になってしまうでしょう。

歯の生え変わりの時期になると、乳歯の下に永久歯がスタンバイします。

この時、上にいる乳歯が虫歯だと生える前から虫歯に感染して、弱い上に変色した永久歯が生えてくる危険性があるのです。

また、虫歯になっている歯では噛みづらいため、変な噛みぐせがついてしまうこともあるでしょう。

片側だけで噛む習慣ができてしまうと、顎の歪みから全身に不調が起こってしまいます。

虫歯がひどすぎると、顎の骨にまで炎症を起こすこともあるそうですし、発音に影響が出てしまったり、歯並びが悪くなる可能性もあります。

虫歯を治療せずに放置すると、将来、大切な我が子をつらいめにあわせてしまうことになるのです。

健康な歯は一生の財産ですから、物心つくまでにできるだけ虫歯にならない生活習慣を身につけさせてあげたいですね。

もし、赤ちゃんが虫歯になってしまった時には、子ども自身が虫歯の治療の必要性を理解できるようになる三歳までは本格的な治療を避けます。

その代わりに、虫歯の進行を止める薬サホライド(フッ素ジアミン銀製剤)を塗るという方法があるのですが、前歯などの目立つところの歯に使うと、黒くなってしまうので可哀想です。

丁寧に歯を磨いた後、手間はかかりますが、こまめにジェルコートFなどのフッ化ナトリウム製剤を塗ってあげてください。


Sponsord Links


赤ちゃんを虫歯にさせない予防策とは?

赤ちゃんの虫歯予防の方法としては、早いうちからハブラシに慣らして、歯磨きを嫌がらない子にすることと!

悪い食習慣をつけないようにすることがあげられますね!!

口の中を触られることに慣れていないとハブラシを嫌がってしまうことが多いですから・・・

離乳期などの何でも口に入れたがる時期に、子供用の安全なハブラシを与えてハブラシへの抵抗感をなくしておきましょう。

どうしてもハブラシが嫌なら、お湯で濡らしたガーゼや脱脂綿で歯をぬぐってあげるようにします。

歯磨きが痛いと歯磨き嫌いになってしまいますから、力まずに軽いタッチで磨いてあげるように心がけてください。

歌を歌いながら磨いたり、キャラクター付きのハブラシで磨いたりして、子供が歯磨きを楽しめるように工夫し、短時間でささっと済ませます。

最低限、夕食の後に歯磨きできればよしとしましょう。

一人でうがいできるようになるまでは、歯磨き粉は使いません。

虫歯が目立ちやすい上の前歯を重点的に磨くようにするといいのですが、磨き方が下手だと痛みを感じやすいところでもあるので、丁寧に磨いてあげるように注意します。

歯が生えてきたら夜の授乳をやめるようにするか、最後に湯冷ましを飲ませるようにすると、虫歯になりにくくなるでしょう。

水分補給のためとはいっても、甘味料がたっぷり入っているスポーツドリンクや乳酸飲料果物のジュースなどはあまり飲ませないようにしましょう。

甘いものを極力あげないようにして、だらだらとおやつを食べさせず、ロイテリ菌入りヨーグルトやキシリトールなどを上手に利用するのも虫歯予防になると思います!

まとめ

抱きしめたりほっぺやおでこにキスしたり手を握ったりと赤ちゃんとママのスキンシップは、ドンドン行ってくださいね!

そのスキンシップですが・・・

赤ちゃんのお口にキスをすることは、なるだけ避けるようにするだけで、わが子を虫歯から守ることができますからね!!

Sponsord Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする