共謀罪とはわかりやすい解説で!問題点をまとめてみた!


共謀罪とはわかりやすい解説で!問題点をまとめてみた!
「共謀罪」の法案を成立させるために
政府は深々と協議を繰り返し行っています。

しかし「共謀罪」の内容が理解できないと
いった声も多いのではないでしょうか!?

と言う事で今回は「共謀罪」に関して
分かりやすく説明したいと思います!!


Sponsord Links


共謀罪って何?

共謀罪を簡単に解説するとですね。

AさんとBさんの2人が犯罪をすることを相談していたとします・・・

実際に犯罪する事を決めたとしても実際には実行しないことになったとします。

しかしこの法案では計画しただけでも犯罪と見なされる法律と言う事ですね。

政府の説明ではこの共謀罪には組織的犯罪集団が
対象で一般人は該当しないと言っているのですが。

今までは集団で犯罪を犯そうとしても実際に犯行が
認めら得れなければ逮捕することができませんでした。

しかしこの共謀罪が国会で成立されると犯罪の計画をしたり
集団で実行するようなことを計画して武器や薬物などを
購入したことの情報が確認できしだい逮捕することが
できるようになります。

強行採決するまで共謀罪を必要とする理由とは?

先日行われた国会討論の内容をまとめてみると?

政府の意見として共謀罪が採決した理由として、

国連にて「国際組織犯罪防止条約」に加入し国際的な犯罪防止を強化して
国家国民のために組織的で重大な事件を未然に防ぐために必要な
法案であることを主張しています。

この「国際組織犯罪防止条約」とは世界187の国で既にが加入しいて
共謀罪に関して加入している国どうし協力し合いながら
犯罪を未然に防ぐ事を目的としています。

共謀罪が決議されていないためにこの国際組織犯罪防止条例に
加入できないのが日本だけと言う事ですね。

それで「国際組織犯罪防止条約」に加入するには
「共謀罪」の成立が必要になります。

従って日本国政府もこの交際情勢を考えると1日も早くこの「国際組織犯罪防止条約」に
加盟国として繋がりたいという目的から今、政府は頑張っていると言う事になるんですね。

それから「テロ対策」をする際に暴力団などが背景にあると言われる
詐欺集団などの摘発にも多く役立つと言うことです。


Sponsord Links


テロ等準備罪と共謀罪を比較してみた!

いったい何がどう違うのでしょうか?

簡単に言うと報道で「共謀罪」と取り上げたりまたは「テロ等準備罪」と
紹介するたに分からなくなるのかもしれませんね。

今現在でも新聞やテレビの報道番組などでも個々に違いがあります。

日本国政府としては「テロ等準備罪」と言っているのですが詳細については
政府と野党とで協議を繰り返し行っていますが

結論から言うと「共謀罪」と「テロ等準備罪」は法律の内容は
同じで呼び方が違うだけと思っていれば大丈夫です!!

共謀罪に反対派もいれば賛成の意見も!

共謀罪に反対の理由はなんでしょうか?

2人以上の人が悪口を言ったら逮捕されてしまう・・・

こんなことを報道などで言っているので心配している人が
多いのではないでしょうか?

まぁ確かにですね悪口や愚痴を言っているだけで
逮捕なんてことになったら言論に自由はどうなるのでしゅか。

こんな事はどこに言っても自分と意見が合わなかったり抽象的なことを言われたりすれば
腹立たしい思いをして悪口を言うなんてことは常にある話ですよね!!

そんなことは会社でも学校でも家庭ないでも日常茶飯事的に
行われていることで誰でも耳にすることではないですか?

それでこの共謀罪が制定された後なんですが

誰かをだましたり殺したりするような内容を2人以上で話をしている事を聞いていた人が
警察に電話してその場で逮捕!何てことになったらそりょう大変なことになります。

まぁ!こんな話を耳にしたら警察に相談することは
誰しもあるのではないでしょうか?www

しかし日本弁護士連合会では「共謀罪」の法案決議に関してもう反発をしていいます。

日本弁護士連合会としては「共謀罪」などと言った法案を決議しなくても今ある法律の枠内で
十分に適応できるしこんな法案が決議されたら国民に許されている基本的人権を侵されてしまうと言っています。

その一方で賛成の人達も沢山いるんです!!

この「共謀罪」が一般人に対して対象外であるなら
殆どの人に関係のない法案ってことになります。

確かにテロ対策としてこれらの犯罪を防ぐ事が
出来るとしたら反対する理由がないですよね!!

報道番組などを観ていると反対意見が多いような気がしますよね!?

マスコミでの調査によると国民の6割以上が賛成で3割が反対で
1割程度の人が分からないまたはどちらでも良いと回答しているそうです。

現実的に国民全体としては賛否両論あるということですね。。。

まとめ

いかがでしたか?

今国会で議論されている「共謀罪」について少し理解できましたでしょうか?

911ではテロ行為により大勢の人たちが被害にあっています。

しかしこれは未然防ぐための法案がないために一歩踏み込むことが出来なかったのが問題点でしたが今は国連で認可された法律によって加盟国は強度でテロ撲滅に頑張っています。

しかし日本は共謀罪がないために今だ加盟することができず情報を共有することができません。

そう言ったことからいつ国民がこれらの犯罪の犠牲者になるか分かりませんが。

その一方で警察組織が悪用すれば基本的人権が危ぶまれるわけです。

そう言う意味からあなたたち一人ひとりが真剣に

これはOK!

これはNO!

と言えるように人任せでなく

関心を持つが大事ではないでしょうか?

今回はこの辺で!!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

Sponsord Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする