水爆と原発の違いに驚いた!放射能汚染の影響は反永久的に!


水爆と原発の違いに驚いた!放射能汚染の影響は反永久的に!

連日、北朝鮮の弾道ミサイル打ち上げの
ニュースを聞かせれ戦争になるのかと
心配してしまう毎日ですが・・・

そんな中、北朝鮮は新たな
核実験を行うことを世界に向けて
発信していますが

今回の核実験は「水爆」を
使用するということですが

果して原爆と水爆の違いとは
何なのでしょうか?

とても気になったので
調べてみましたので
お伝えいたします!!


Sponsord Links


水爆と原爆の同じ核兵器なのか?

北朝鮮が予定している
核実験で水爆を使うと
表明していますが

この水爆とは原爆と
どう違うのでしょうか?

これら水爆と原爆の違いには
爆発するときの進行が
全く違うんだそうです。

まず原爆について説明します!

原爆は1つの原子核が
2つ以上に別れる時に
発生するエネルギーを
利用します。

原爆に使われる物は
・ウラン
・プルトニウム
などといった元素で

これらの元素に中性子を
混ざることによって
エネルギーが発生します。

原子爆弾は
核分裂をりようして
凄いエネルギーを発生させるための
方法ですが

身近にある物では
原子力発電所で電気を
作るために用いている
方法ですね!!

原爆と同じ方法で熱を作り
その熱を利用してタービンを
回すことで電気を発生しています!!

太陽も水爆と同じ方法で発熱をさせている?

水爆ですが2つ以上の
原子核が交じり合ったことで
新たな原子核が作らる時に
反応で発生するエネルギーを
利用するのが水爆ですね!!

水爆に使われる最も発生しやすくなる
核融合では
・重水素
・三重水素
といった高温で高圧になる
ところで交じり合うことで
核爆発を発生させる方法ですね!

また、この核融合反応には
宇宙では毎日起こっていて
それは太陽が発生させる熱ですね!!

太陽が発熱している
方法がこの水爆に用いてる
核融合の同じなんですね!!

結論からいうと・・・。

原爆も水爆も核分裂や核融合を
起してエネルギーを作り出す方法ですが

結果としては水爆も原爆も核反応で
発生するエネルギーを利用すると
言う事ですね!!


Sponsord Links


水爆の放射能汚染は半永久的に?

先ほども説明しましたが
原爆は、核を分裂させますが
水爆は、核同士を融合させて
エネルギーを作りだす方法と
お話をしました。

水爆を製造にする当たって
必要な核には原爆の核を
使用するために

大量に小型の原爆が作られています。。。

原爆を上回る水爆の
エネルギーは地球上に
ある武器の中でも
これ以上の物はないと
言われるぐらい

凄まじい破壊力をもっている
と言われています。

水爆に使われる
ウラン燃料を1グラム使って
エネルギーを作ると

石油の20トンと
同等のエネルギー量が
あると言われています。

また、原爆に使用される
核の分裂反応の特有として
爆発力に限界がありますが

水爆には限界がありません。

水爆の特性で
核が融合するのに
使われる水素の量によって
爆発力が増大するそうです。

ということで
水爆は原爆よりはるかに
破壊力があると言う事が
いえるのです。

過去に広島に投下された
原子爆弾の3,300倍を越す
威力がある水爆を旧ソ連政府は
作り出し核実験を行っていました。

原爆より水爆のほうが
破壊力が上回っていることは
これでご理解いだたけたと
思いますが・・・!?

それよりも怖いのが
水爆には放射能の影響も
原爆に比べて大きいと
言われています。

水爆が発する
中性子には放射線の
種類の物質があって

水爆が爆発する際に
中性子線から生物の対して
有害と言われている放射線が
発散されます。

更に水爆を爆発させる時に
使われる核の分裂反応において
生物の悪影響となる
放射能が出され
半永久的に存在することに
なってしまいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、北朝鮮が核実験に
使うことを世界に配信したことで

原爆と水爆の違いについて
簡単に説明させていただきました。

わが国は被爆国なので
原爆であろうが水爆であろうが
大反対です。

1日も早く核実験を中止して
外交で解決できることを
心から願っております。

この世界で水爆を所持している
国は、
・アメリカ
・ロシア
・中国
・イギリス
・フランス
・インド
といった国が水爆を
所持していますが

世界規模で考えれば
核廃絶を願っていることは
いうまでもありませんが

まずはこれ以上の国が
水爆や原爆を所持しないで
欲しいと願っております。

今回はここまで。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!!

Sponsord Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする