シビリアンコントロールとは 簡単にいうと!


シビリアンコントロールとは 簡単にいうと!

報道番組を見ていると森友学園や自衛隊の海外派遣などで各担当省庁の公文書に関する問題が明るみに出てしまい

いろいろと問題が発覚していますよね、。。。

で、このような問題が発覚したことで国会で政治家があーだこーだと議論してますが

「あれ、これどんな意味何だろう???」なんて考えちゃう言葉があると思います!?

そこで今、よく使われている「文民統制」っわてどういう意味なのか?


Sponsord Links


文民統制ってどういう意味?

まずは、「文民統制」とはどんな意味なんで小

この「文民統制」を調べて解ることは「シビリアンコントロール」と出て来ます。

それでは「シビリアンコントロール」ってどういう意味でしょうか?

ということて「シビリアンコントロール」調べて解ることは

政府の文民の指揮のもとに職業軍人である軍隊の最高指揮官が置かれなければならないという近代国家の原則。

出典:大辞林第三版 より

と説明がありました!

もう少し噛み砕いてみます。

この「文民」とは、誰をいうのか?

で、調べてみると。。。

[文民とは]

・〔civilian の訳語〕 軍人でないもの。
日本国憲法は「内閣総理大臣その他の国務大臣は、文民でなければならない」とする。

・ 非戦闘員

出典:大辞林第三版より

文民=軍人でな人

なので・・・

国は、軍人以外の人(文民)が指揮・命令をする。

簡単にいうとこんな間んでしょうかね!?

松竹系の映画「日本のいちばん長い日」を観ていただくとよく理解できると思いますが!

日本は、長い長い戦争の時代を歩んで来て大勢の国民の尊き命が犠牲となりました。

その日本が歩んでしまった太平洋戦争は、当時の日本軍が指揮・命令をすべて行い天皇陛下には、結果を報告していただでした。

それが慢性かしまた日本軍は、後に引けない状態にまで陥ったことで

更に日本軍の暴走が酷くなりました。

当時の総理大臣より上の位に位置していた旧日本陸軍の東條英機陸軍大将は、とてつものないほどの権力を握ていたことで

軍が日本を統括していたわけです。

終戦を迎えた日本は、二度と同じ過ちを繰り返さないようにと

軍隊が国を管理させることを拒否することを法律に加えたことで

以後、自衛隊の統括お呼び指示・命令は、文民が行うこととしました。

それは選挙で選ばれた国会議員によって指揮・命令をするなどして自衛隊に特別な権限を与えない法律を制定したのです!

今回問題になっている公文書の破棄したが今になって出て来たり

また、一部文章の内容が改竄されていたりと

国の仕事が政治家に報告されておらず役人(自衛隊を含む)が一人歩きをしてしまった状態になってしまった訳ですね・・・

これが当たり前になると第二次世界対戦時と同じように郡部が力を持ち知らない間の開戦していたなんてことになったら大変ですからね・・・

戦後、70年今だ一回も戦争をしていません。

これは、歴史的にも凄いことなんだそうです。

でも簡単に戦争なんてことにならないことを祈りたいと思います!

では次に憲法9条についてお話をしたいと思います!


Sponsord Links


憲法9条は何が問題になっている?

安倍総理が押し進めようとしている憲法9条改正ですが

安部総理は、そこに「文民統制」を加えることを言っていますが

「文民統制」は、憲法改正で9条に新たに加えなくても既に憲法66条の中で書かれているんです!

この66条には、総理大臣と国務大臣は、文民でないといけないと明記されています。

更に自衛隊法の第7条においては、内閣総理大臣が自衛隊の最高指揮監督者であることが書かれています。

ということはですよ・・・

総理大臣や国務大臣などは、文民でないといけな。

更に自衛隊法には、最高指揮監督者に総理大臣の名前が明記されている・・・

ということは、憲法9条を新たに改正して更に文民統制に関して加えなくてもそのような系図ができているということです!

なぜ安部総理大臣は、憲法9条を改正して新たに「文民統制」について新たに加えることを強く求めているのでしょうかね?

もし・・・

そんな時に簡単に開戦を口にすれば・・・どうなるのか?

とはいっても日本は民主主義なんで

総理大臣が告知しても直ぐに開戦なんてことはないはずです。

しかし、与党が現在衆議院で過半数の議決権をもっていることから

もし、その賛成権が自衛隊が戦闘地域に行く可能性は、リスク的に多いことがあるのでrしょうか!?

まぁ!これ以上にあれもこれも書き加えていたらそれはそれで大変なことになってしまうので。。。

どこで線引きするかが問題なんですよね・・・。

その変のことをもう少しあなたと考えたいと思います!

憲法9条に文民統制はいるのか?

マスコミは、安部総理の考えについてこう答えています。

内容は、東京都知事の小池百合子東京都知事と
安部総理大臣の対談から・・・

小池東京都知事が憲法に自衛隊を加えてしまうことで、自衛隊と防衛相はどうなるのか?

もし、憲法に自衛隊が加われば間違いなく防衛相が下の位置になってしまうであであろう!?

と小池東京都知事が論じていますが。。。

安部総理の説明はその反対で

自衛隊と防衛省の関係については、今まで通りで変更はないとのことですが・・・

単純に自衛隊の権限を有効にするという意味ではないのでしょうか?

いわゆる自衛隊と防衛省の関係は、同格ではなく

憲法9条で自衛隊を加えることを安部総理は、強く要望しているが・・・

このことが進むことで自衛隊が防衛省の上の位置になることになるわけです・・・

これが何より心配していることなんですね。。。

結論として、憲法9条に自衛隊を明記するときに自衛隊の指揮系統を「文民統制」を書き入れることで抑制することができるという説明ですが。

一度このこの法案を改正してしまったら変更するのは、なかなか出来ないですね。。。

いろいろと案は出ていますがどれも決定するにはとても時間がかかるし

議論しても変更されたためしがないの実情です。

一度、憲法を変えてしまったら後戻りは、不可能です。

国民もしっかりと考えて国tが進むべき道を選択するべきでは、ないでしょうか?

今回は、ここまでですが

今後も更新があれば「憲法」について追記していきます!

Sponsord Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする