体重を減らす簡単な方法とは?体脂肪を減らすための食事・運動・生活習慣のコツとは?


体重を減らす簡単な方法とは?体脂肪を減らすための食事・運動・生活習慣のコツとは?

あれもやったこれも試してみた・・・

でも減量しない・・・

痩せられない・・・

ちょっと基本に戻って再検証してみてはいかかでしょうか?


Sponsord Links






痩せるダイエットの基本とは?

スリムになりたいと望まれている人は今の世にたくさんいますが、あっているダイエットってどういったものだと思いますか。

体重計に乗ってその数字が少なくなっているとウキウキしてしまいそうですが、そのことが本当のダイエットではないです。

一般的なダイエットの目的は健康に綺麗にスリム体型になることであり、さらにはこれをキープすることが大切となります。

お伝えしたいのは「やせる」というのは「カラダの中のよけいな脂肪分を減少させる」ということだといえます。

私たちの体を作る3つの成分は水分・固形成分・脂肪です。この成分の割合のバランスが崩れることは身体によくありません。

「肥満」というのは食べすぎや運動不足などによってこの脂肪の割合が高くなることで、生活習慣病のもとになってしまいます。

見た目が細くてもこの体脂肪が多ければ「肥満」ということになります。これが隠れ肥満です。

体脂肪率を正常に戻すこと。これこそが正しいダイエットの目的だといえます。

体脂肪は脂肪細胞のなかに食べ物から得た糖分や脂肪分のうち消費しきれなかったものが分解・蓄積されてできたものです。

小さいときに脂肪細胞の数は決定し、思春期以降に減らすことはできません。子供の頃の肥満には注意が必要です。

それは体脂肪が多いか少ないかは脂肪細胞と関係するからです。やせたいと思ったらまずは体脂肪の増加を抑えることを目標にしましょう。

それによって病気を防ぐことにもなるのです。

体重を減らすには食事が9割?

ダイエットするためにさしあたって考えなければいけないのは「食事」だと言えます。

やせようと思うと食事の回数や量を減らすことを考えてしまいます。

けれども食事をセーブするダイエット方法は、ウェイトを落とすことはできても同時に減ってはいけない骨や筋肉まで減らしてしまうことになりとても危険です。

このような方法では健康のためのダイエットという目的とは違うものになり、なんのために痩せるのかわからなくなってしまうでしょう。

ダイエットの基本は一日3食をきちんと規則正しくとることです。

3食の食事時間は5~6時間空けるようにすれば間食を防ぎ、体脂肪を燃焼することができます。

ダイエットをしたい人は1日の内で最も朝ごはんをしっかり食べることが大事になります。

朝ごはんはたっぷり食べても体脂肪がストックしずらいのでご安心下さい。

その理由は食事多すぎても1日あたりの行動でエネルギーを消費されるため心配ありません!!

お薦めできる朝ごはんのメニューは具がたくさん入っている味噌汁・ごはん・おかず数品といったアレンジです。

バランスの取れた食事を摂るように意識しましょう。

さらに減量したいからといって食事を外したら胃や腸の吸収力が活発化し、この次の食事でよりエネルギーを取り込もうとするので肥満になりやすくなります。

更には晩ごはんの量はできることなら減らすことが必須条件です。

17時前後は行動量が減り、体をやすめるときだからです。

これら1日の食事量のバランスにするようにしてください。

基準としては「朝5:昼3:夕1」あたりが一番です。

朝ごはんできちんと栄養を体内に取り入れるようにすることが必要不可欠です。

バランスの取れたメニューでできるなら和食メインの献立に変えていくことが重要ではないでしょうか。

セルライトとは?

セルライトというフレーズが最近になってテレビや雑誌でよく見かけるようになりました。

そのセルライトってどういうものでしょうか。

でこのセントラルという意味は簡単にいうと脂肪のかたまりということなんですが・・・

血のめぐりがおかしくなると、皮膚の下の脂肪細胞の代謝サイクルが老化して脂肪細胞が肥大化することになる。

セルライトはこの脂肪細胞と不要な物質が一緒になってできたものです。

脂肪部分に厚みができてきて肌の表面が凸凹してきます。

こいつがセルライトのできた証明です。

「オレンジピールスキン」と言われている、肌の表面がオレンジの皮のように見えるほどに症状の悪くなる可能性も考えられます。

一方肌の表面が凸凹してくるのは、セルライトの症状が悪くなってきてからです。

ちょっと見何も生じないように感じられても、ビックリすると思いますがセルライトが作られているケースがありますので気をつける必要があります。

よくあるようなダイエットを行うだけでは、セルライトの攻略はできないです。

これで間違いないというセルライト解消させるための対策しなければいけないのです。

セルライトは女の人に多く見られるのが特徴だと言えます。

女の人のだいたい80%以上でセルライトが見られると言われ、何と言っても皮下脂肪の多い大腿部やふくらはぎ、お尻の下といったところにできやすいと考えられます。

この他には、お腹や顔にできるセルライトもあることがわかり、ここのところ話題になっていると噂されています。

血のめぐりがおかしくなるともたらされやすいので、運動不足になりがちな女の人にできやすいといわれていています。

セルライトに歯止めをかけるためにも常日頃から運動不足を解消するように努力したいところですねぇ!


Sponsord Links






セルライトの原因と生活習慣との関係?

雑誌でも取り上げられているセルライトには冷え体質・加齢・運動不足・むくみといった実にたくさんの原因が考えられます。

セルライトはいずれにしても血のめぐりがおかしくなるために作られます。

この血のめぐりが悪化してしまう原因が日常的な運動不足や加齢だと考えられていてます。

体の「むくみ」や「冷え」も血のめぐりが悪化することにつながってしまうことがあります。

セルライトは太ももやお尻などの下半身にできやすいといわれています。

このことは下半身の血のめぐりがよろしくないからでしょう。

セルライトは脂肪細胞との関係がその原因になるケースも確認されています。

脂肪細胞とはカラダの中で脂肪の合成や分解、そして貯金を行う細胞のことをいいます。

人間は体脂肪率がUPすると太るのですが、この理由は脂肪細胞の脂肪蓄積量の2倍アップするからと言われています。

そのように脂肪細胞は細胞の数がいったん拡大してしまうことで、ほとんど落ちることがないのです。

こいつが他の細胞とは異なるところです。

ウェイトを落としてはた目には細くなっても、カラダの中は脂肪細胞が減っていません。

ということで続けてセルライト解消の必要性が高いということです。

また脂肪細胞というのは20~30代のときだけではなく、いくらかの年齢になったとしても増えることが確認されています。

女の人は運動不足になりがちですから、セルライトができやすいとうのもわからないことはないですねぇ。

こんなふうにセルライトの原因はいくつも存在します。

このことを理解したうえで、セルライト解消の対策をとっていくことが重要になります。

Sponsord Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする