股関節周囲炎の罹患が話題に?治療法はストレッチやリハビリが有効?


股関節周囲炎の罹患が話題に?治療法はストレッチやリハビリが有効?

安倍晋三首相は14日になって
足の付け根の痛みを訴えたため

東京・信濃町の慶応大病院で診察を受けたようですね・・・。

痛みの原因は右足の股関節周囲炎と診断され

医師からは数日間の安静と言われて

15日に予定していた広島の被災地視察を延期したんだそうです。

話題になっている股関節周囲炎とはどんな病気なんでしょうか?

また治療法にストレッチやリハビリが
有効的のようですが!?

気になるので詳しく調べてみることにしました!


Sponsord Links


股関節周囲炎の罹患の原因や症状は?

まず最初に股関節周囲炎の罹患の原因や症状についてですね!

股関節周囲炎という固有名詞は整形の教科書には記載がないんだそうですよ。。。

五十肩という症状はご存じだと思いますが!?

加齢からくる肩の痛みってことがよく知れていますが・・・

肩とか股周辺の関節の炎症を股関節周囲炎という病名で呼んでいるそうです。

股関節周囲炎は股の筋肉や腱の炎症が原因で発症する病気ってことですね。

また股関節周囲炎のもっとも多い原因と言われているのが

1、姿勢が悪い
2、体が硬い
3、他の病気が原因

など

ということで次に股関節周囲炎を解消するストレッチの効果についてご紹介したいと想います!

股関節周囲炎の治療法にストレッチやリハビリが有効?

股関節のストレッチのポイントは体全体を進展することが重要です!

また筋肉は筋膜に包まれていますが股関節周囲炎の原因には他の問題が考えられることも考えておきましょう。

股関節周囲炎を解消するストレッチのポイントは!

・頑張らずにイタキモぐらいで行うこと。
・進展させている筋肉を感じながら行う。
・呼吸を止めないこと。
・三日坊主でなく定期的に実施する。
・一部を重点的に行うのではなく全身を緩めるように行う。

また股関節周辺の筋肉には

・前
・横
・内
・後

になります。

これら筋肉を均等にストレッチを行うことですね!

そうすることで股関節の柔軟性が向上するはずですよ?

股関節を進展するストレッチ法には、

・太ももの前面を伸ばすストレッチ
・太ももの裏面を伸ばすストレッチ
・太ももの内側を伸ばすストレッチ
・太ももの外側を伸ばすストレッチ
・腸腰筋を伸ばすストレッチ
・大殿筋を伸ばすストレッチ
・深層外旋筋ストレッチ
・背中ストレッチ
・肩甲骨ストレッチ
・股関節ストレッチのん仕上げ

股関節周囲炎は体全体をストレッチで進展することで解消できるので

一部を重点的にストレッチするのでなく
体全体の柔軟性を向上させるようにしてください!

また体全体を柔軟にすることで股関節周囲炎だけでなく

様々な効果があります!


Sponsord Links


股関節周囲炎にリハビリが効果的?

股関節周囲炎の治療にリハビリと外科的手術がありますが

股関節周囲炎でも痛みが強いと普段の生活に支障をきたすことがありますが

痛みが軽いようなら積極的にリハビリを取り入れるといいでしょう。

保存療法の目的:

・疼痛の緩和
・病態進行の防止
・下肢機能の維持

保存療法の種類:

・患者教育
・運動療法
・物理療法
・装具療法
・服薬

このようなリハビリは股関節周囲炎の症状を考えながら
プログラムを組んでいきます。

股関節周囲炎でお悩みであれば一度専門医に相談してみて下さい。

Sponsord Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする