消費者金融で借りるとどうなる?金利が高い理由とは?


消費者金融で借りるとどうなる?金利が高い理由とは?

消費者金融で借りるとどうなる?

2018年もあと2ヶ月を切りましたね・・・

一年が本当に早いです。

またそんな年末にかけて物入りの方も多いのではないでしょうか?

ということで今回は諸費者金融でお金の借り方についてアドバスさせていただきます。ファイルを選択


Sponsord Links


消費者金融でお金を借りる前に

お金を借り入れしりようとした場合、それはさしあたって両親か友人なので、そうじゃないとしたら消費者金融を使ってお金を手に入れるということをイメージするのがほとんどだと思います・・・

これ以外にお金を貸してもらうやり方は、一般的ではないかももしれません。

もし定期預金などを活用するなら銀行の定期預金から残高の9割まで借入できます。

郵便貯金が取り扱っているゆうゆうローンのケースにおいてはやはり銀行と同じで定期預金から残高の9割までの金額なら借り入れすることが可能です。

またそれらの金利については預金金利に0.5%ほどを上乗せした金額になっています。

銀行は消費者金融などと比べてみるとかなり低金利になっているので

もしあなたが定期預金を持っているのなら兎に角その部分からお金を借入することを考えてるのが良いかもしれません。

それからそれほど広まっていない借り入れ方法としては保険会社を利用するやり方もあります。

その保険会社で借入する方法は「契約者貸付制度」というのがあって生命保険の満期に返戻金が発生するのですがそれを担保に借りるのですがそれは満期払い戻しのある商品に限りますので

生命保険に入っていても掛け捨てや払い戻しがない終身保険などもあるので

生命保険に入っているなら担当者に確認してみるのも得策ではないでしょうか!?

近頃では、年金保険に加入している方もいるようなのでこの方法は利用したほうが良いと思いますよ。

それから保険会社によって金利が違うようなので限度額は返戻金の8割前後と言われています。

また少々勇気を出せれば勤めている会社から給料を前借する方法などもあるので検討してみるのも得策ではないでしょうかね。

余談になりますが・・・

社員が給料の前借を要求することは労働基準局で定めているので

請求があるのであれば会社は一方的に拒むことは出来ません。

これら以外に借入る方法がないようなら会社に相談してお金を借入するの有益なやり方ではないでしょうか。

消費者金融利用の基本

消費者金融で借入するのは最近で簡単になってて

また借入するための条件も簡単になって来ていてさまざまな人が活用することができるみたいになっているようです。

しかしながら自己破産や多重債務など過去にある人は借入するのは簡単ではないようです。

消費者金融が行う審査基準については会社ごとに違うので借入をする場合には借りる方法を理解するために方向性をしっかりと抑えておかなければなりません。

分かりやすく言うと実際に消費者金融に足を運んび消費者金融を利用するのであれば直接会って審査が行われますので

借入をする相手の印象などからヤバい感じがないか確認されます。

更に住所、電話番号などを偽造して申し込み用紙に記入したりしてもし、字を間違えたりするばその時点で審査は通らないのでそのような不正はしないようにして下さい。

もし間違って住所や電話番号を記入したりしてら消費者金融としては申請した人の存在が確認できなくまります。

なのでちゃっと誤字脱字等がないように落ち着いて記入をするようにしないと借入できるのも借入できなくなってしまいます。

申請書は借入するのにとても大切なことなので慎重にやるようにして下さい。

また現在住んでいる場所にはある程度その場所で住んでいることが大切なポイントとなり

また勤務年数なども重要なポイントとなるのでしょっちゅう転職や移転されている人は借入の審査が難しいかもしれません。。。

借入をするときには最低でも1年以上同じ会社でお勤めしていることがポイントになります。

しょっちゅう移転しているような人は世間の信頼がないので消費者金融はもちろんですが

その他の金融機関などでも借入することは難しいかもしれませんね。。。

またクレジット会社などでも不特定多数から借入などしていたりするのも問題で

また返済が届こうているなどしているとやはりこれも大問題なんですよね。。。

そんな情報などすべてが審判会社になどでデータベース化していて借入することが難しくなります。


Sponsord Links


お金を借りるコツ

最近は消費者金融もCMの効果で以前とは180度変わりました。

更には消費者金融のATMが増えたので借入しやすくなっていることも事実ですね。

あなたが物入りで急に借入をしたと思ったら消費者金融が思い浮かんだのではないでしょうか???

しかし簡単に借入する方法があるとは思うのはかなりヤバいので簡単に考えないほうが得策です。

もしいとも簡単に借入ができたらその消費者金融からの取り立てはヤバいと思っていたほうがいいでしょうね。

通常、借入をする場合は借入することに力を使い切ってしまい返済することを完璧に頭の中から消え忘れている人多くみられますが

しかしあなたが消費者金融を使う場合においてはキチンと契約内容を守りしっかりと頭においておくようにして下さい。

キャッシングで借りたお金は自分のお金ではない、ということをしっかり自覚し、計画的に支払って返済日を守るようにしましょう。

そのためには、お金を借りる際に返済方法の見通しをきちんと立てておき、ことです。

借り入れの目安は、月の収入の20%が返済額の限度と考えましょう。

仮に支払いができなくなったことを想定して、それにかわる資産かあるかどうかを確認するとなお安全です。

お金を借りる時には、利息の仕組みや返済方法を事前に知っておくこと、金利の安いところを探すことも大事です。

いくらお金を借りる方法がるとしても、返す方法がなければ、それは多重債権者の道をいくことになるのです。

本当にそのお金は必要なのか、借り先はそこで安心か、借りる前に今一度しっかり考えてからでも遅くはないでしょう。

銀行系消費者金融の限度額

審査の結果に応じて利用限度額が決まり、その範囲内でお金を借りることができます。

キャッシング会社が定めた審査の基準があり、これに合わない人は限度額が低くなります。

大口の融資をしてもらいやすいのは、銀行系のキャッシング会社です。

三菱東京UFJ銀行系のモビットや三菱東京UFJ銀行グループのDCキャッシュワンなど。

300万程度の融資限度額なら最高と考えていいと思います。

銀行系キャッシング以外にも、まとまった金額を融資してもらえるところはあります。

キャッシングは、一番最初の審査で決めた限度額は、利用状況や返済姿勢に応じて増減します。

借りやすい状況を維持するためには、この限度額が減額されないように気をつけることが必要です。

カードキャッシング会社で限度額を上げてもらうには、返済をきちんとして「信用」を稼ぐことです。

返済を計画的に行うことで信用が上がりますが、返済を滞らせると信用を失ってしまいます。

最初は高額の金額を借りやすくても、転職や連絡先の変更があったのにも関わらず内緒にしていると信用を失います。

返済を問題なく行い消費者金融会社とトラブルを起こさないことが、お金を借りやすくしておくポイントです。

まとめ

今回は消費者金融の利用の仕方について簡単にアドバイスさせていただきました。

お金の借りる前にしっかりと返済のことを考えて借り受けする金額などを決めるようにしましょう。

借りたお金は返済する責任が発生するのでそれを後先考えないで借金することだけ注意して下さい。

今回はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsord Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする