あがり症のなおし方(緊張・手の震え)克服!人前で緊張しない方法とは?


あがり症のなおし方(緊張・手の震え)克服!人前で緊張しない方法とは?

こんにちはテツです!

今回は「あがり症」についてお話したいと思います。

多かれ少なかれ人前で話しをすることってありますよね?

「おっ!出番だ!!」「よし!任せておけ!!」なんて人にとっては最高のシチュエーションなんですが・・・

その逆に「どうしよ・・・(汗)」なんて方もいらしゃるのでは、ないでしょうか!?

人前でスピーチを依頼されたとたん

手汗、脇汗・・・挙句の果てに全身汗だくでフルマラソンでも完走したかのようになったなんて経験あるんじゃないでしょうか!?

私もあなたと同じように人前で話すことが大の苦手でした・・・

しかし、そうは言っても何かと人前で話す大役を受けることがあるので

どうにかして「あがり症」を克服しなければと考え失敗を繰り返し実践したことで

今は、どんなシチュエーションでも大丈夫になりました。

そんな私が実践し「あがり症」を克服した方法をご紹介したいと思います!


Sponsord Links






あがり症対策って?

あがり症というのは、普段と異なるシーンに置かれた時にもたらされるストレスや危機意識、リスク、興奮状態が原因で起きると考えられています。

いつも、知り合いとするちょっとしたおしゃべりと、人前で注目されって話す事とでは格段に異りますよね?

このようなメンタル的に不安定なシーンで、人は「あがり症」になるのです。

そこで、あがり症で悩まれているあなたに、確実な解決策を簡単にお教えします。

軽いあがり症あなたにとりわけ確実なことは、緊張を緩和させる事です。

精神と肉体いずれも気を緩める事で、呼吸、心拍、血圧、筋肉、ひとつひとつの緊張がゆるみ、興奮状態や危機感からくる症状を押さえる事ができるのです。

鼻で息を吸って、口からあせらずに吐く深呼吸を繰り返し行う事や、静かな場所で精神をくつろがせる事、「あたしならやれる」といい聞かせる事で効果が期待できます。

これらについては、すごく簡単のように感じますが、緊張や冷静でない時にやるのはとっても簡単ではないです。

こういったように気分をリラックスさせる方法で、あがり症を乗り越える方が多く見られますし、一般的といえるのです。

それ以外に、メンタルトレーニングやカウンセリングといったもや、精神科で治療を受けて乗り越える重症の方もいらっしゃいます。

あがり症解決方法は、どうやってリラックスできるか又は、メンタル的に強くなれるかということが大きく関わってきます。

「どっちにしろ私はあがり症なんで・・・」と諦めるのではなく、失敗を気にせずに意識的に取り組むことが必須条件です。

自分なりに、自信をもつ事がが可能になるまで、あせらずに少しずつで十分ですから、考え方を切り替える努力をしてみましょう。

スピーチを頼まれたらどうすれば?

あがり症人がスピーチをお願いされたら、どんな気持ちになるのでしょうか・・・

おそらく、つらくてつらくてしょうがないのではないかと想像してしまいます。

「ついてないな。。。」

といったように、気分が重くなってしまいそうですね。

かと言って、投げ出すことなどできないので、ほとんどの場合はやむを得ずもスピーチの練習にとりかかる・・・というような流れになっちゃいますよね。

だったとしてもそれでは、成功する可能性はあまりにも低いのではないっでしょうか?

その理由はどうしてスピーチを依頼されたということを、嬉しい事ととらえていないからなんですねぇ。。。

スピーチにしても、何にしろ、あがり症のあなたにとって人の前で話す事になれるためにものすごく重要なことがあります。

このスピーチも、いい意味での試練として、プラス思考で考えることができるなら意味のある時間ではないでしょうか!?

こういったキッカケを与えていただけた事に、感謝の気持ちがもてるようになれればおそらく100パーセントあがり症を克服することができるでしょう。

スピーチでが難しくても、ドジることもなくなるはず。

さしあたって、スピーチを依頼された事をマイナス思考にならないことが大事です。

練習をするなら本番の状態を意識しながら行うようにするのがいいですね。

もし、咬んでしまった時に焦って内容を忘れてしまった時のことをしっかりと想定して練習を繰る返し行います。

兎に角、最悪な状況をイメージして練習をするようにすると本番で公的ですからね。

そして本番直前では、上手くスピーチできることを想像することも大事です。

「私なら心配ない!」と、暗示を掛けるようにして兎に角、自分を100パーセント信じることです!

過剰にパフォーマンスをを試みたり、おもしろおかしく話そうとしない事もポイントですからね。


Sponsord Links






どうしてあがってしまうのか?

人はどういう理由で、あがってしまうのでしょうか?

「あがり症」は、脳による本能的な過剰な反応が原因と考えられています。

あなたが置かれている立場や、まわりの状況から発生するアンバランスになったモチベーション、おびえ、過剰なストレスなどが心身にあらわれてきます。

それから、こういう症状以外に、舞台やイベントといったたくさんの人の中であなたが立っている事を予測しただけで、緊張してエキサイトしてしまう条件反射を一般的に「あがり症」と言われています。

たくさんの人前での大役を任されたことや大切なシーンでは、多くの人が凄く緊張状態になってしまうと言っても過言ではありません。

「話が面白くなかったらどうしよう」「こんな事をして嫌われたらどうしよう」といったようにあなたを精神的に追い込まれてしまいます。

とりわけ、心配性の方やマイナス思考な方に多くみられるの特徴です。

こういったアンバランスになった気持ちやもの凄いストレスが原因で、心身に影響があらわれてきます。

いきなり、頭が真っ白になったりまた何をいえばいいかわからない・・・

更にはよくわからない事をいってしまった。。。

・声

・手足

・体の震え

・発汗

・表情などが強ばる

・赤面

などが「あがり症」の原因になっています。

そのようなシーンから立ち去って、日常と変わらない生活に戻ったときに興奮も冷め冷静になったことで症状が収まります。

人前に立つチャンスに恵まれている方は、場慣れしていることからこのような症状はでないのであがるといったことはありません

しかし、場慣れするだけで誰しも多かれ少なかれ緊張しあがり症を発症したという人はほとんどなので

もしあなたがスピーチを依頼されたからといって小心者だなんて考える必要は、なく誰でも最初は緊張するものと考えて間違えありません。

ということで、あがり症で悩んでウいるあなた!

「私だけ・・・」といったように特別視して卑下しない事が大切です。

まずは、できない自分も褒めてあげることから初めてみましょう。

人前で話すときのテクニックって?

日頃の生活に於いて、人前で話す切っ掛けはいくつも存在します。

けれども、私達日本人は、人前で話すことが苦手意識あるようです。

たくさんの人前やごくわずかな人の前においても、「人前で話す」というシーンでは非常に強いストレスを感じ、あがってしまうケースが多々あると言われています。

そういった時でも、コツを知ればストレスを感じることなく相手に対して気持ちを上手に伝えることができるようになるはずです。

ということで、決してムダ話では終わらせない、相手の心に響くコツをお話したいと思います。

手始めに、自分から恥をさらけだしてみましょう。

失敗を怖がらずに、あなた自身の失敗談を最初に話し聞き手に関心を持たせるのです。

これって、あなた自身のストレスや危機意識をなくすうえでも役に立ちます。

そうしてから、意気ごみと誠心誠意を持って、すべての人に伝える意識する事です。

こういった事で、聞き手に感心を与える事ができもっと次はどうなるといったうよういに更に聞き手に関心を持って貰えるようになります。

この他には、ちょっと緊張が聞き手バレてしまってもカバーする事ができます。

これ以外に大切なのは、あなた自身が自信を持ってスピーチをすることです。

話すときに必ず強弱をつけあなた自身が一番伝えたい事は何なのかについて聞き手にしっかりと伝えることができます。

これ以外に、最も大事なポイントとしてあなた自身の中で一番最高の声で話すことが重要です。

口を大きく開けて下腹に力を入れて一語いちごしっかり話すようにすることで聞き手に信頼感を与え正当性を理解してくれるようになります。

こういった事を気にするだけでストレスや極度の緊張から発生する声の震えに早口それから小声になるといった行動が軽減されること間違いなしです。

こういったコツを一から十まで実践できるように何度も練習を重ね人前であがる事といったことを克服することができるでしょう!!

人前で話す心構えって?

人の前で話す事になってしまった時に、何より意識するのはなんでしょうか?

お話をする内容がまとめっているのか?や

いい感じにしゃべることができるのか?

などといった事だけ気にする人って多かれ少なかれいるはずです?

しかし、人の前で話す時に何と言っても重要なことは、聞き手の立場になってイメージする事が大切なんです。

聞き手が理解しやすい内容で、聞き取り易いしゃべり方をしないと無意味なことになってしまいます。

整理されていてあなた自身が気分よくリズミカルに緊張していることを知られることがないくらいいい感じに話せたとしてもアピールしたい内容を聞き手がわかっていないようでは、成功したと言うことができません。

聞き手に伝え理解してもらいたい時などは、多少整理されていない内容でもリズミカルに話せなくても気にする必要は、ありません!

聞き手が一番の主役であることを肝に銘じておくようにしましょう。

聞き手の表情など態度を注意深く観察しながら聞き手にとって分かりやすい話しの仕方を意識することです。

100パーセント聞き手にアピールしたい事を、直前にさらにチェックし、しっかりと頭の中で整理しておくと、ここ一番の勝負時に緊張状態を緩和するでき回避できます。

あたふたせず気持ちを落ち着かせ平常心を保つようにして「自分なら絶対にできる!」と信じるようにしましょう。

間違いを恐がらないで自信をもってやることが必ず成功するはずです。

見栄やオーバーアクションなどといったアピールをしなくてもあなた自身の普段通りのしゃべり方で十二分なんです。

兎に角、人前で話すときは、丁寧に心のこもったしゃべり方をすれば大丈夫!!

そんなことだけであなた自身の気持ちの内側からあふれる素晴らしさは自然に聞き手に伝わること間違いなしです。

話ているときにあがってしまったら?

あがり症の人にとっては、親しくない人との会話は、とても苦手じゃないでしょうか!?

おしゃべりのしているにも関わらず緊張してしまって咬んだり早口や声が小さくなって何をしゃべっているのかも分からなくなってしまったりとすることが心配になって話することに集中できないので相手の話しも聞けなくなるなんてことを多いにありませか?

ですが多かれ少なかれ緊張することは、人前で話すことになれたあがり症じゃない人もあることなんです。

このあがるといった症状は、上手く話そうとか変な人だと思われないようにしようとすることで極度の緊張が発せられ起こる原因です。

とりあえず会話という行為には間違いや正解といったものは、存在しないんだとあなた自身にいいきかせるようにして下さい。

それから正直にあなた自身を表現することが大事です!

お互いにお話をしていて、緊張することで上手に話すことができない自分自身を認めてあげる事が大切です。

会話しているときにあがってしまったら、

「ちょっとあがってきちゃった」とか、

「緊張してるからうまく話せないかもしれない」といったような

恥ずかしがることなんてなくそんなことは、いちいち気にしないことです。

あなたが考えるほど聞き手は、なんとも思っていないし相手があなた自身の事を理解してくれるはずです。

間違いを怖がらないことが更に緊張を解消してくれます。

気にしすぎたり他の人の目が気になったりと他の事を意識することで余計に緊張してあがってしまうものです。

なのでもし、あなたが会話をしている途中であがってしまい早口になったり声が小さくなったりとさらに緊張を生むリスクとなることでおしゃべりにも集中できなくなり会話を楽しめなくなってしまいます。

これってとても無意味だし会話している相手にとっても申し訳ないことなので相手との共有している時間を楽しむ事に意識を集中させることで緊張が緩和して会話が楽しくなってくるはずです!

最後に

いかがでしたでしょうか?

私が「あがり症」について克服したときに実践したことについてお伝えしました。

あがり症を克服することで人前で話すことや誰か初対面の人ともとても素晴らしコミュニケーションが取れるので

会話も楽しく以後も友人としてお付き合いすることができたり

また、プレゼンテーションや何かのイベントなどでも声がかかるこが多くなりました。

一度や二度ためしたからといって直ぐに克服できるものでは、ないので

是非、何度も読み替えて練習を重ね実践してみて下さい。

最後までお付き合いしていただきありがとうございました。

Sponsord Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする