約束のネバーランドノーマンの身長や能力・特長まとめ!


約束のネバーランドノーマンの身長や能力・特長まとめ!

今回は、『約束のネバーランド』のノーマンについてまとめて見たいと思います。

約束のネバーランドの主人公と言っても過言ではないノーマンですが・・・。

そんなノーマンの特長や能力といったところを考えてみたのですが

ノーマンのマイナス点はどうなのか???

ということでノーマンの身長・特徴・能力をまとめて見たいと思います。

Sponsord Links

ノーマンのプロフィール

ノーマンのプロフィールを簡単にまとめてみました。

名前:ノーマン(孤独最年長の一人)
生年月日:2034年3月21日
年齢:11歳
身長:145センチ
認識番号:22194

ノーマンは孤児院の子どもの中で最年長の一人です。

性格は、とても温厚で穏やかで冷静でいます。

そんなノーマンがある日のことエマと一緒に里子に出される妹の忘れ物を届けに行くのですが

なんと妹の死体を発見してしまいます。。。

実は孤児院は仮の姿で人食い鬼の食べ物を育てる『農場』だったことを知ってしまいます。

里子に出されると言われていなくなった仲間は、実は人食い鬼の食べ物にされていたことに気づき

これ以上、仲間が餌食にしたくないと泣きじゃくるエマを見たノーマンは孤児院の子どもたち全員でこの孤児院を脱走する計画を練ります。

ノーマンの能力がヤバい?


先ほどもプロフィールでご紹介ましたが

ノーマンは孤児院でもダントツの頭脳でテストは常にハイスコアで運動能力も抜群です。

2045年11月3日にノーマンは孤児院を出ますがラムダ農園に入った後も常に優秀な成績を収めていました。

しかしそんなノーマンが里子に出されることになるが。。。

ノーマンは黒幕だった?

約束のネバーランドには多くの子どもたちがいますがその中でもずば抜けた頭脳を持っているノーマンだけですが。

その優秀なノーマンを里親に出すことになりました。

ということはあの人食い鬼の食べ物にされてしまうのでしょうか???

こんなノーマンを修道女のイザベラはやすやす里親に出す計画に賛同するのでしょうか???

ということではなく・・・

どうもこれには裏があるようなにおいがしませんか!?

ノーマンにとってラムダ農園とは何?


ラムダ農園ではピーター・ラートリーという男の人が飼育係になります。

で、このピーター・ラートリーはジェイムズの弟で、ラートリー家の36代目に当たります。

このラートリー家と言うのは先祖代々から人間と人食い鬼との間を取りまとめてきた家で、人食い鬼の食料を育てる農園をコントロールしています。

それも貴族階級の鬼たちに能力の高い人間を餌をにすることを考えていて

そのためにラートリー家はノーマンの優秀な頭脳を研究に利用をすることを考えているのかもしれませんね。。。

Sponsord Links

ノーマンのクローンが開発されている?


鬼はノーマンのような優秀な能力を持つの人間が大好物で喉から手が出るほど欲しがっています。

なのでノーマンという存在は鬼たちにとってとても特別な人間であることは間違いありません。

なので鬼とラートリー一族はノーマンに目をつけ利用することをたくらみます。

ノーマンが出荷されたラムダ農園にはとても優れた研究室があり優秀な人間を培養することが可能かもしれません?

ノーマンのクローンが作られているのではないかと予測していますが!???

鬼に妊娠や出産や修道女のイザベラの妊娠などが描かれていますが

いったい父親は誰なんでしょうか???

実は。。。

そんなことからノーマンは鬼とラートリー一族に協力している?というところからノーマンは黒幕と言われているようです。

ノーマンへのネットの声

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ノーマンについていろいろとリサーチしてまとめてみました。

実はノーマンは黒幕疑惑が浮上していますが事実はどうなんでしょうか?

最後はエマもノーマンの正体をしってしまうのでしょうか???

実はノーマンは最初からラムダ農園でラートリー一族と鬼に協力をすることは決まっていたのではないでしょうか。。。

早く知りたいですね!!!

今後がどうなっていくのか???

早くしりたですね!

更に内容が深くなる「約束のネバーランド」。。。

Sponsord Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする