宮迫博之引退しろ?闇営業でノーギャラはウソをフライデーが確定!解雇や今後が気になる!【最新】


宮迫博之引退しろ?闇営業でノーギャラはウソをフライデーが確定!解雇や今後が気になる!【最新】
お笑い芸人のカラテカ・さんが反社会勢力との繋がりで忘年会に呼ばれたとこで
吉本興業に内緒で「闇営業」をしていたことがバレてしまいさらに相手が反社会勢力ということもあり解雇されてしまったのはご存知だと思います!?

更に先輩芸人の宮迫博之さんやロンブーの田村亮さんなどもこれに参加していたことが判明・・・

今後の活躍にかなりヤバいことになりそうな暗雲が立ち込めていると噂になっています。

ということで宮迫博之さんや田村亮さんの今後についてリサーチしていきたいと思い!!

Sponsord Links

元吉本芸人の島田伸介も追放された!

この投稿をInstagramで見る

. お笑いコンビ・カラテカの入江慎也(42)が、2019年6月4日付けで所属の吉本興業から契約を解消されていたことが6月6日、分かった。 芸能界一とも言われる幅広い人脈で知られる入江だが、振り込め詐欺グループとの“闇営業”を吉本の所属タレントに仲介したことが発覚し、事実上の解雇となった。 . 2019年6月7日発売の写真週刊誌「フライデー」が、ロンドンブーツ1号2号・田村亮ら同社の芸人が2014年12月に大規模振り込め詐欺グループの忘年会に出席し、その仲介役が入江だったことを報道。 吉本興業が入江に聞き取りをしたところ、仲介の事実を認めたため、「吉本興業および所属芸人のブランドを著しく傷つけた」として、契約解消に至った。 . 同社によると、忘年会への出席は、会社を通さず直接ギャラを受け取る“闇営業”。 入江は、相手が振り込め詐欺グループだとは「知らなかった」と説明したという。 だが同社は「うちの会社は、絶対に反社会的組織との交流は許さない」と、厳しい処分を科した。 . 吉本興業では2011年8月に、所属していた島田紳助さん(63)が、暴力団関係者との交際を認め、自ら会見を行い芸能界引退を発表していた。 . . #カラテカの入江慎也が吉本興業を解雇 #振り込め詐欺グループの忘年会出席を仲介した疑い #闇営業 #入江慎也が振り込め詐欺グループの忘年会を仲介 #振り込め詐欺グループ #反社会的組織との交流 #カラテカ #入江慎也 #カラテカのクズの方 #入江慎也は人間のクズ #人間のクズ #カス芸人 #矢部太郎の相方 #矢部太郎が可哀想だ #カラテカ入江が吉本を解雇 #カラテカ入江が吉本興業との専属契約解除 #吉本興業は入江慎也に対しうちの会社は絶対に反社会的組織との交流は許さないと厳しい処分を科した #吉本興業 #よしもとクリエイティブエージェンシー #解雇 #所属タレント専属契約解除 #デイリースポーツ #フライデー #FRIDAY #写真週刊誌 #講談社 #2019年6月7日号 #芸能ニュース #2019年6月6日

天吉sasさん(@sas.tenkichi)がシェアした投稿 –

大物芸人の島田伸介さんですが・・・

やはり何年か前に裏社会の方々と関係があることが明かるみで芸能界から追放されました。

今回のカラテカ・入江慎也さんも同じようなケースで反社会勢力との関係で吉本興業を解雇され

更に入江慎也さんは今後テレビに出演することはまずないと言っていいでしょうね。。。

あれだけの大物芸人の島田伸介さんでさえ厳重注意ということで処罰されず芸能界から干されてしまいましたらね。。。

ということを考えれば入江慎也さんがいくら釈明したところで事は簡単には行きませんよね。

カラテカ矢部はどうしている?

この投稿をInstagramで見る

本日をもって、解散! #カラテカ #矢部太郎 #入江慎也

PicoTANAKA 田中 左右衛門さん(@picotanaka)がシェアした投稿 –

でも相方の矢部さんは寝耳に水ですよね。。。

いきなり相方の入江慎也さんが解雇処分ってことになったわけですから

そんな矢部さんに世間の声がこちらです。

まぁ・・・

矢部さんはピンでも前々からテレビには出ていたので入江慎也さんの件をネタにしていくのもいいかもしれませんよね!w

Sponsord Links

宮迫博之や田村亮をスポンサーが追放?

この投稿をInstagramで見る

お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(49歳)が、6月11日に放送されたラジオ番組「アッパレやってまーす!」(MBSラジオ)に出演。“闇営業”問題について、経緯を説明すると共に、改めて謝罪した。 問題となっているパーティーについては、「これね、5年前の話でね、明確な記憶が全部あるかと言われたら、そうではないですけども、ちょこちょこ一緒にいた人間としゃべってて、断片的に繋がる部分が結構あったりして」とし、「行ったのは事実です。反社会勢力の関係してる場所に5年前行ってしまったのは事実。知らなかった、というのも間違いなく事実」とコメント。 また、吉本興業を解雇されたカラテカ・入江慎也については、「仲介でね、辞めることになってしまった入江くんも……あいつずっと、長い付き合いですし、あいつのことすごく知ってますから、あいつが『知らない』というのも絶対の事実で」「ただあいつもう……、めちゃめちゃアホなんです。めちゃめちゃええヤツなんですよ。すごく純粋なヤツで、そこをつけ込まれて、ちょっと騙されてしまってたのかもしれないですけれども」とかばいながら、「何より、僕は最年長でね。もともとは参加する予定じゃなかったんですけど、ついつい飯食ってる席で、ちょっとお酒も入ってて。『もしサプライズで来ていただけたら盛り上がりますよ』って」言われ、「本来、そこで僕が『わけわからんとこ行かれへんわ』って断れば良かったんですけど、そこはちょっと、調子乗りなんですかね、そう言われると顔出すクセがありまして……」と反省した。 今回の一件は、妻にも「えらい怒られました」とのこと。「お前のええかっこしいのせいで、こんな大ごとになってる」と大変な怒りようだという。 #宮迫博之 #闇営業 #お笑い #カラテカ入江 #narinarinews #narinari #news #instagram #narinaricom #ナリナリドットコム #芸能人 #タレント #有名人 #instagood #instagram

ナリナリドットコムさん(@narinari.1999)がシェアした投稿 –

カラテカ・入江慎也さんから反社会勢力の忘年会に参加することを誘われ出席した

宮迫博之さんと田村亮さんですが・・・

二人の処分をどうなっているのでしょうか???

先ほどこんな記事がでたので紹介しておきます!

特番やイベントのオファー取りやめに――。反社会的勢力の忘年会に、事務所に無断で出席し“闇営業”をしたと批判を浴びている「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)の“追放”に、スポンサーが動きだしそうだ。これまで「反社会的勢力とは知らなかった」「ギャラは受け取っていない」としてきたが、その内容が大きく揺らいできたのだ。関係者はすでに「宮迫への特番やイベントのオファーが取りやめられている」と明かす。これではスポンサーの決断も時間の問題だ。

この問題は、先週発売の写真週刊誌「フライデー」が報じて発覚したもの。大規模振り込め詐欺グループが2014年12月27日に都内のホテルで開いた忘年会に、多くの吉本所属の芸人が出席した。参加したのは仲介者の「カラテカ」入江慎也、宮迫、田村亮のほか、レイザーラモンHG、ガリットチュウの福島善成。ほかに無名の芸人が2~3人いた。

さらに14日発売の同誌によると、この忘年会の半年前の同年6月ごろ、同じ詐欺グループの首謀者の誕生会に吉本所属の芸人が数多く出席したという。参加していたのは入江のほかムーディ勝山、「天津」木村卓寛、くまだまさし、ザ・パンチ、2700(現在はザ ツネハッチャン)など。

この会には詐欺グループのメンバー100人以上が出席し、司会は入江が務めていたという。

契約解除の原因となった忘年会について、入江は「反社会的勢力とは知らなかった」と話していたが、同誌は「それは真っ赤なウソ」と断言。詐欺グループの元メンバーは、この誕生会の前に少なくとも3度、入江と飲み会で同席したという。

この場で幹部連中が「詐欺で稼いでいた」と話していたといい、これに入江は「悪いことしないと稼げないっすもんね」と笑っていたという。

また、宮迫ら忘年会に参加した芸人たちは「ギャラは受け取っていない」と主張しているが、元メンバーは「絶対に払っていた」と同誌に証言。忘年会と同様、芸人を呼んだのは入江で、仲介料として100万円支払った。しかも「ギャラは手渡しではなく、振り込み」と、細かい部分の証言も。

さらに驚くべきは、忘年会に参加したロンブー亮も、入江と同様に詐欺集団だと認識していたという。その証拠として、この誕生会直前にあった入江主催のイベントに、詐欺グループは協賛として参加。この時「詐欺で稼いでいた」と言う幹部に、亮はうなずいていたというのだ。

宮迫や亮ら、忘年会に参加した芸人は「反社会的勢力とは知らなかった」「ギャラはもらっていない」と一様に話しているが「もはや信じる人はいないでしょう」と言うのは芸能プロ関係者だ。

「そもそも『フライデー』が先週報じた忘年会も、亮はラジオ番組で『入江にノーギャラですけど、と誘われ、フラッと行った』と話していた。だが、今回の『フライデー』の報道が事実なら、忘年会の半年前に詐欺グループの幹部に会っていたことになる」

一方、宮迫や亮は、忘年会について「ノーギャラだった」と主張しているが「ギャラよりも、反社会的勢力だと事前に分かっていたとしたら、それこそ大問題ですよ」(同)。

忘年会の半年前の会合には、宮迫が参加したとは報じられてはいない。とはいえ、亮が反社会的勢力と認識していたとしたら「宮迫も分かっていたのでは!?」という疑問は当然、湧いてくる。

「忘年会に出席した芸人は、今後も『知らなかった』『ノーギャラ』と主張し続けるだろうが、亮はもちろん、宮迫のことも誰も信じないだろう。実際にその影響は既に出ている。まだレギュラー番組の降板はないけど、特番やイベントなど、宮迫への多くのオファーが取りやめられているのが実情なんです」(イベント関係者)

今後、宮迫や亮のレギュラー番組に「影響が出るのは時間の問題」との声も出ている。

「民放はスポンサーの力が絶大。テレビ局がどれだけ『宮迫に出演し続けてほしい』と願っても、スポンサーが『出演させるな!』と言えば、従わざるを得ない」(テレビ局関係者)

業界内では「年末のダウンタウンの番組じゃないけど、『宮迫、アウト!』と言われている」なんて声も。

宮迫も亮も、もはや逃げ道はなさそうだ。

出典元:Yahooニュースより

この投稿をInstagramで見る

興味本位で買ってみた本。 #ロンブー #ロンドンブーツ1号2号 #田村淳 #ロンブー田村 #ロンブー田村淳 #日本人失格

akihito okadaさん(@okada_akihito)がシェアした投稿 –

ということなんですよね。。。

先日までは、

『反社会勢力とはしらなかった・・・』

『ギャラは一切受けっといない・・・』

などと言って吉本興業からは厳重注意勧告で済んだと言われていましたが

また疑惑が浮上しだしていることは隠せませんね。。。

やはり二人も芸能界から干されることになるのでしょうかね???

宮迫博之「ノーギャラ」は嘘?

こちら追記になります。

イヤイヤイヤ。。。

こんなニュースが入りましたよ!!!

『ノーギャラ』はウソ?

15分の出演で100万円だったそうです・・・(ーー;)

もしFRIDAYが報じた事が事実だとしたら

宮迫博之さんアウトでしょうか???

というか島田紳助さんが追放されているのに

宮迫博之さんはどうなの?って世論がまたね。。。

そんな宮迫博之さんのノーギャラについて詳しく書いてあります。

その記事がこちら↓

「宮迫さんや入江さんが『ノーギャラだった』と弁解するのを聞いて、笑っちゃいましたよ。彼らは嘘ばっかり言ってますよ……」

本誌にそう呆れてみせるのは、「FRIDAY」(2019年6月21日号)が報じた、吉本芸人による「闇営業」事件に深く関与したA氏だ。

問題となっている詐欺グループの忘年会は、2014年12月に開催された。カラテカ・入江慎也(42)が芸人を集め、「サプライズゲスト」として登場したのが、宮迫博之(49)だ。A氏もその会に出席していた。

「私は当時、詐欺グループ全体の『表の顔』として動く会社で、お金を管理していました。グループ内では、『金庫番』という立ち位置になります。問題になっている闇営業で、仲介役の入江さんと、ギャラなど金銭面の交渉をしたのも私です。

彼が提示してきたギャラは、『帯3本(300万円)』でした。宮迫さんに100万円を渡し、入江さんが10%の30万円、残りの170万円をほかの芸人さんたちで分けると説明されました。

グループ内に4つある『表の会社』を使い、前払いで、入江さんのM銀行の口座に300万円を振り込みました」

300万円という高額になった経緯について、こう話す。

「もともと、例年どおりの忘年会をやる予定だったんです。ところが、のちに振り込め詐欺事件の主犯格として逮捕された大幹部・大野春水(当時27)がちょうど結婚するタイミングで、さらに誕生日も1月上旬と近かったので、全部まとめて派手にやろうということになりました。

入江さんとは何回も打ち合わせをして、新郎新婦が大ファンだという宮迫さんをはじめ、有名人を呼ぼうということになったのです。

『俺たちは、こんなに芸能人を呼べるんだ』という、ほかの詐欺グループへのアピールもあったと思います。そういった経緯で、当日の台本まで作ることになり、ギャラの額も膨らんでいきました」

会は2時間ほどおこなわれたが、宮迫の出演時間は、わずかに15分。にもかかわらず、100万円を渡すことについて、入江は「歌まで披露して頑張ってくれますから」と、A氏に話したという。

今回の記事が出ると、入江ら芸人たちは、「詐欺グループの忘年会とは知らなかった」と揃って弁解した。だがA氏は、これら芸人たちの言い訳も切って捨てる。

「私は、少なくとも5、6回は入江さんと会っています。そのうち2回は、個室を借り切っての飲み会でした。

参加したグループの幹部連中には、手首近くまで入ったタトゥーが見えるのも気にせず、半袖になってくつろいでいる者もいました。酔いが回ってくると、『俺たちは「モシモシ」だから』と、(電話を使う)振り込め詐欺を、自らネタにもしてましたね。

でも、入江さんはそんな光景を目にしても顔色ひとつ変えずに、『捕まんないようにうまく立ち回らないとね』と笑っていました。入江さんは、うちのグループの催しに、10回以上『闇営業』に来ていましたから、つき合いも長いんです」

2014年の夏ごろにも、入江は「闇営業」をしていた。今回の振り込め詐欺グループの別会社のメンバーたちから、顔にパイを塗られるなど大はしゃぎだ。手前の男性の右腕には、手首までタトゥーが入っている。

A氏は、「宮迫さんが僕らの『正体』を事前に知らなかったとしても、当日の会場の雰囲気でわかったはず」とも明かす。

「会場になったホテルの駐車場には、20代の若者には似つかわしくない、ベンツやBMW、ベントレーといった超高級車が所狭しと並んでいました。こう言ってはなんですが、僕でさえ見たことのないような強面の男が多数いて、まともな集まりには絶対に見えませんよ(笑)。

ある幹部がひとりを指さして、『あの人は「現役」の方だから、粗相がないように』と注意していたことを、いまでも覚えています」

客の「正体」に気づいたとしても、宮迫に残されていた道は、芸人として最善を尽くすことだけだったのは確かだ。

「人気デュオ『くず』の『全てが僕の力になる!』を振りつきで熱唱すると、新郎新婦に『「アメトーーク!」という番組をやってまして、お2人をぜひご招待したいです。

ただ、当たり外れがあります。あぶら揚げ芸人の回は全然おもしろくなかった(笑)』とリップサービス。会場は沸きに沸きましたね。

最後は芸人が勢揃いして、入江さんが『写真撮影の前に、サプライズプレゼントとして、僕らからの寄せ書き色紙をプレゼントします!』と締め括りました」

歌を披露した後、新婦に「抱きしめてください」と言われ、宮迫は応じていた。また、「ギャラはもらってない」と強弁していた田村亮だが、振り込め詐欺の成績優秀者に花束を贈呈している。

一連のA氏の証言について、宮迫が所属する吉本興業に確認を求めたが、回答はなかった。

A氏は、「入江さんこそが、今回のキーマン」と言う。

「悪い仕事なんて、いつまでも続けられないでしょう? 僕らだってそうです。詐欺で稼いだお金で、日の当たる場所で仕事をやっていかないといけない。

若い僕らを、そうした『表の世界』に繋いでくれるのが入江さんだと、グループの幹部連中は考えていました。実際、入江さんが主催するイベントに、協賛として僕らの『表の会社』は何度も参加させてもらいましたからね」

今回ばかりは、芸人といえども笑ってすまされる話ではなさそうだ。(週刊FLASH 2019年7月2日号)
出典元:Yahooニュースより

ネットの反応

まとめ

今回は『宮迫博之や田村亮のウソがバレバレでスポンサーが追放決断がヤバい?引退や現在が気になる!』ついてお伝えしました。

宮迫博之さんと田村亮さんについてスポンサーが追放制限という速報が入りましたが

かなりヤバい感じがします。

絶体絶命・・・!?

先輩芸人の島田伸介さんのケースもあるので簡単に事はすまなそうですね。。。

Sponsord Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする