奥泉和也の経歴や学歴(大学)に年収は?家族構成(嫁(妻)・子供)まとめ?【最新】


奥泉和也の経歴や学歴(大学)に年収は?家族構成(嫁(妻)・子供)まとめ?【最新】

脳も心臓もないと言われる『くらげ』ですが

海の中で神秘的な生き物と推奨する奥泉和也教授。

そんな奥泉和也教授が話題になっています。

今回は奥泉和也教授についてスポットライトを当てて行きたいと思います!!

Sponsord Links

奥泉和也の学歴やプロフィールとは?

それでは奥泉和也さんのプロフィールをまとめていきましょう。

名前:奥泉 和也(おくいずみ かずや)
生年月日:1964年6月
年齢:55歳(2019年7月時点)
出身地:山形県鶴岡市
学歴:地元の農業業高校を卒業
好きなもの:海と釣り
職業:鶴岡市立加茂水族館館長

大学は行かないで高校を卒業してすぐに地元の加茂水族館に就職しています。

続いて奥泉和也さんの経歴についてまとめて行きましょう!!

奥泉和也の経歴とは?

奥泉和也さんは鶴岡市立加茂水族館館長をしています!

そんな奥泉和也さんは山形県鶴岡市出身なんですが。。。

奥泉和也さんが館長を務めるこの鶴岡市立加茂水族館って奥泉和也さんの出身地の山形にあるんですよ。

奥泉和也さんは幼いころから海が好きでよーく釣りに出かけていったんんだそうですよ。

幼かった奥泉和也さんの夢は将来は海に関係する仕事がしたい!!と強く願っていたそうです。

ということで奥泉和也さんは山形県鶴岡市にある農業高校を1983年に卒業して今現在務める加茂水族館に就職しました。

加茂水族館に就職した奥泉和也さん・・・

最初に任されたのがアシカの飼育係だったそうです。

そして奥泉和也さんはアシカの飼育や調教に訓練と忙しい日々を送っていたようです。

しかし加茂水族館の入場者数は年々落ち込み閉館の危機になりました。

何とか水族館の入場者を増やそうとスタッフ一丸となって盛り上げるための企画を取り入れたりしましたが

思うように入場者数が増えませんでした。

そんなときある転機を迎える出来事がありました!!

それは奥泉和也さんがサンゴ礁の水槽の中に「サカサクラゲ」を発見したんです・・・。

その「サカサクラゲ」を展示したことで

ななななななんと!!!!!!

それが話題になり一気に入場者数が増え閉館の危機をまぬがれたんだそうです。

更にこのことが奥泉和也さんにとっても転機となりクラゲ係となり

幼少のころに願った海の事で仕事をしたいという夢が叶ったんですね!!

加茂水族館ではこれを機に50種類を超えるクラゲ類が観覧できるようにに水槽を設置しました。

そんな加茂水族館はクラゲ水族館として国内だけでなく世界でも有名な水族館となりました。

2006年にクラゲを飼育している水族館としてその種類の多さにギネスにも認定されました。

その後、2015年になって館長の村上龍男さん退職することになり奥泉和也さんが館長を引き継ぐことになります。

しかし奥泉和也さんはたまたまサンゴの水槽からクラゲを発見はしたものの

実は、クラゲという生き物の生体については何も知らないんだそうです!W

しかし努力家の奥泉和也さん独学でクラゲについて学び熟知したと言われています。

それを知った世界中から奥泉和也さんからクラゲついて教えて欲しいとオファーがあるとのことで

奥泉和也さんは持っているクラゲの知識を全て教えているそうです。

そんな奥泉和也さんは音楽が好きとかで自身が演奏するようで水族館でジャズライブもやっているそうです!!

一度聴いてみたいですね!!

奥泉和也の年収はどのくらい?

奥泉和也さんの年収はどのくらいなんでしょうか?

ハッキリした奥泉和也さんの年収については公開されていませんでした。

それで水族館の年収などをリサーチして分かったのが

・公立の水族館スタッフの年収:288万円~800万円
・民間の水族館スタッフの年収:200万円~400万円
・契約・アルバイトスタッフの年収:150万円~350万円

水族館スタッフの年代別年収や年齢別年収推移については

・30代の年収が約385.3万円~(推定)
・40代で494.0万円~(推定)
・50代で592.8万円~(推定)
・30代~50代までの年収増加は約207.5万円以上となっています。

情報引用元:https://heikinnenshu.jp/pet/suizokukan.html

また、山形県内の水族館の職員の平均年収は444.6万円だそうです。

となると奥泉和也さんは館長ですから

多くて700万円前後ではないかと思います。

Sponsord Links

奥泉和也の嫁(妻)は誰?

奥泉和也さんのフェイスブックをリサーチしていくと

プロフィール欄に『既婚』と記載があることを発見しました!!

しかしそれ以上に嫁についての情報は公開されていませんね。。。

イロイロと1時間ぐらい探したのですがSNSなどにもありませんでした。

奥泉和也の子供はいるの?


こちら奥泉和也さんのフェイスブックにあった画像ですが

奥泉和也さんがお子さんと一緒に撮影した画像なんでしょうか???

ハッキリとはしておりませんが。。。

奥泉和也さんは結婚していることは把握できました!

では奥泉和也さんに子供はいるのでしょうか?

こちらも妻の情報と同じで公開されていませんでした。

いるの?いないの?ぐらい分かると思ったのですが

やはり奥泉和也さん自身は水族館の館長ですが一般人に変わりありませんからね。

またチャンスがあれば妻や子供について追記していきます。

奥泉和也にネットの反応は?

まとめ

今回は『奥泉和也の経歴や学歴(大学)に年収は?家族構成(嫁(妻)・子供)まとめ?【最新】』についてお伝えしました。

何と!奥泉和也さんが2019年7月14日11時『情報大陸』で紹介されます!!

とても楽しみですね!

予告編がこちらです。

情報大陸で紹介されているプロファイルがこちら↓

奥泉和也 【クラゲ水族館館長】

脳も心臓もない・・・ただ美しい。
世界一のクラゲ水族館館長が誘う癒しのクラゲワールド。
男はまだ見ぬクラゲを求めて大西洋へ向かった!

世界におよそ3000種類おり、5億年前の先カンブリア時代に誕生したといわれている「クラゲ」その後5億年、ほとんど進化していない不思議な生き物で謎だらけ。その優雅に浮遊する姿に魅了され、世界中の水族館に今、クラゲブームが起きている。
そんな中、世界中の飼育員が山形に住む一人の男性を訪ねて教えを請うている。彼の名は奥泉和也。情報交換がクラゲ飼育の発展に欠かせないという彼は、惜しげも無く知識の全てを伝える。
学問として専門にクラゲを学んだことがない奥泉の強みは、常識に囚われず実験を繰り返し、飼育方法を見つけていくこと。思いついたらすぐやってみる、失敗してもまた方法を考えるという行動力。そして、時間を見つけては、目の前の海に船でクラゲを採集に出かけるバイタリティー。
番組では、世界一の飼育量を誇る60種~70種のクラゲの飼育をするために重要なバックヤードでの試行錯誤の努力とクラゲの採集に迫る。目の前の庄内の海での採集は、海水が暖かくなる5月から始まる。今年はどんなクラゲが獲れるのか。さらに、北大西洋の海へ、まだ見ぬクラゲを獲りに行く。
世界の水族館が注目する奥泉の”クラゲライフ”を追う。
情報引用元:情報大陸より

Sponsord Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする