西日本(四国地方,九州北部地方)へ梅雨前線の影響は?雨量や洪水の災害が気になる!


西日本(四国地方,九州北部地方)へ梅雨前線の影響は?雨量や洪水の災害が気になる!

また今年も梅雨の季節なり災害が気になりますね。

ということで西日本(四国地方,九州北部地方)への

西日本(四国地方,九州北部地方)への梅雨前線の影響は?

西日本(四国地方,九州北部地方)の梅雨前線での降水確率や雨量が気になる!

西日本(四国地方,九州北部地方)での梅雨前線からの災害は大丈夫か?

などが気になるので調べていきたいと思います。

Sponsord Links

西日本(四国地方,九州北部地方)へ梅雨前線の影響は?雨量や洪水の災害が気になる!

西日本(四国地方)へ梅雨前線の影響は?

それでは、西日本(四国地方)へ梅雨前線の影響はどなるのでしょうか?

現在、黄海の梅雨前線上を進む低気圧が、今夜からあす19日にかけて四国地方を進む見込みです。このため四国地方ではあす昼前にかけて雨となり、発達した雨雲が停滞した場合は、警報級の大雨となる恐れがあります
引用元:tenki.jpより

今夜からあす朝にかけて雨のピークに あさって朝までの予想降水量
梅雨前線は活動を強めながら北上しており、四国地方では広い範囲で雨が降っています。これからあす昼前にかけて、前線や前線上を進む低気圧の影響でまとまった雨となるでしょう。特に低気圧が近づく今夜からあす朝にかけては、大気の状態が非常に不安定となり、局地的に雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降る所がありそうです。
引用元:tenki.jpより

雨で気温上がらず、肌寒さも
最高気温は、高松で4月下旬並みの22度、徳島・松山・高知で5月並みの23度から24度くらいの予想です。あすは、高知では28度くらいまで上がりますが、高松・徳島・松山では24度から25度くらいと、5月並みの気温が続きそうです。
引用元:tenki.jpより

四国地方は1時間に50ミリ以上の雨が降るとのことですが


いったい1時間に50ミリの雨とはどのくらいでしょうか?

2019年の台風18号が温帯低気圧に変わり降った50ミリ以上の雨量によっておきた災害がこちらです。

明日未明まで降る予想となっているので厳重な警戒をして避難場所なども事前に調べておいたほうがいいかもしれません。

西日本(九州北部地方)へ梅雨前線の影響は?

つづいて西日本(九州北部地方)へ梅雨前線の影響はどなるのでしょうか?

気象庁は17日、梅雨前線と低気圧の影響で、九州北部や中国では18日から19日にかけて、大気の状態が不安定になり、大雨の恐れがあるとして、注意を呼び掛けた。土砂災害や低い土地の浸水、河川の氾濫に備えを求めている。局地的に雷を伴う非常に激しい雨となる可能性もある。
引用元:東京新聞より

6月18日(木)天気予報 梅雨前線が北上 九州は大雨に警戒

こちらは、2017年にあった雨の影響で九州北部で影響があったときのニュースです。

1時間に120ミリ超 九州北部で局地的に猛烈な雨(17/07/05)

九州北部でも厳重な警戒が必要では、ないでしょうか。

また避難場所などを事前に調べておいたほうがいいのでは、ないでしょうか?

Sponsord Links

西日本(四国地方)の梅雨前線からの雨量や降水確率は?

それでは、西日本(四国地方)の梅雨前線からの雨量や降水確率はどうなっているのでしょうか?

特に低気圧が近づく今夜からあす朝にかけては、大気の状態が非常に不安定となり、局地的に雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降る所がありそうです。
あす6時までに予想される雨量は多い所で、瀬戸内側で150ミリ・太平洋側で180ミリ、その後あす6時からあさって6時までに予想される雨量は多い所で、瀬戸内側・太平洋側ともに50~100ミリとなっています。
引用元:tenki.jpより

こちらは、「降雨体験  最大180mm/h」の場合の雨量に関する動画です。

雨量が150ミリや180ミリとなるとかなり凄い雨量となりますね。

西日本(九州北部地方)へ梅雨前線からの雨量や降水確率は?

つづいて西日本(九州北部地方)へ梅雨前線からの雨量や降水確率はどうなるのでしょうか?

こちらは、「西日本 引き続き大雨に警戒 総雨量200ミリ超のエリア」に関する天気予想です

場所によっては、200ミリも超えるところがあるとの予想がでているので注意が必要です。

こちらの動画は、最高でも180ミリの雨量を表したものですが、200ミリとなるとこれ以上となるので更に注意が必要では、ないでしょうか。

西日本(四国地方)へ梅雨前線による洪水や災害が気になる!

では、西日本(四国地方)へ梅雨前線による洪水や災害の影響があるのでしょうか?

西日本雨のピーク越える 近畿~関東は夕方まで土砂災害注意
梅雨前線による大雨で、九州では総雨量が200ミリを超えた所も。西日本の雨のピークは越えましたが、近畿~関東を中心に午後も雨が降り続きます。夕方まで土砂災害に注意して下さい。
引用元:Yahooニュースより

災害の恐れ・・・あすにかけ西~東日本で激しい雨に警戒(20/06/18)

土砂災害も予想されているので近くに河川や崖がある方は、注意したほうがいいかもしれません。

西日本(九州北部地方)へ梅雨前線による洪水や災害が気になる!

西日本(九州北部地方)へ梅雨前線による洪水や災害が気になります。

梅雨前線の活動が活発 東・西日本を中心に大雨のおそれ  九州北部は土砂災害に厳重警戒
西日本ではきょう19日昼前にかけて、東日本では夕方にかけて、局地的に雷を伴った激しい雨や非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがある。土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意が必要だ。
引用元:Yahooニュースより

こちら2017年7月11日に梅雨前線のときの災害の様子です。

当時、災害の様子です。

今回の梅雨前線による災害も早めの行動をとるようにして下さい。

西日本(四国地方,九州北部)への梅雨前線の影響にネットの反応は?

西日本(四国地方,九州北部地方)へ梅雨前線の影響は?雨量や洪水の災害が気になる!

今回は、梅雨前線による西日本への影響についてお伝えしました。

100ミリを超えるところもあるようなので今は、小雨でも注意して下さい。

Sponsord Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする