台風18号最新情報進路結果2019(windy)!アメリカ(米軍)やヨロッパの情報まとめ!


台風18号最新情報進路結果2019(windy)!アメリカ(米軍)やヨロッパの情報まとめ!

台風18号が発生しました。

今後、台風18号の大きさや勢力及び本土上陸はいつか?

などについてまとめていきたいと思います。

Sponsord Links

台風18号の勢力について

台風18号は9月28日9時に発生しました。

台風18号は、9月28日12時にフィリピンの沖東の位置にあって、

約1時間に35キロのスピードで西北西へ進んでいます。

中心の気圧は1002ヘクトパスカル

中心付近の最大風速は18メートル

最大瞬間風速は25メートルとなっています。

台風18号は、強い勢力を保ちながら暴風域を伴って沖縄及び奄美に9月30日から10月1日にかけて接近する予想となっています。

それからは、東シナ海を北上しながら更に勢力を保ち関西方面に10月2日から10月3日あたりに一番接近する予想です。

また、防風、高波、大雨にも警戒が必要です。

気象庁発表台風18号の情報は、以下の通りです。

台風第18号 (ミートク)
令和元年09月28日21時50分 発表

<28日21時の実況>

存在地域 フィリピンの東
中心位置 北緯 17度35分(17.6度) 東経 129度10分(129.2度)
進行方向/速さ 西北西 30km/h(15kt)
中心気圧 996hPa
中心付近の最大風速 23m/s(45kt)
最大瞬間風速 35m/s(65kt)

15m/s以上の強風域 北東側 500km(270NM)
南西側 390km(210NM)

<29日09時の予報>

存在地域 フィリピンの東
予報円の中心 北緯 18度55分(18.9度) 東経 126度50分(126.8度)
進行方向、速さ 西北西 25km/h(13kt)
中心気圧 985hPa
中心付近の最大風速 30m/s(55kt)
最大瞬間風速 40m/s(80kt)
予報円の半径 60km(30NM)

出典元:気象庁HPより

台風18号最新情報進路結果2019

下の予想図をまずは、確認してみましょう。

9月29日にげんじあ 沖縄に近い位置にいますが

これから9月30日から10月1日にかけて最も沖縄・奄美地方に接近予想となっています。

その後、10月2日から10月3日までに西日本に接近する予想となっています。

気象庁は、最新の情報を随時、確認してほしいとのことです。

気象庁の観測のデーターによると台風18号は、9月28日の15時にフィリピン沖の海上を毎時35Kmのスピードで
北西に進んでいるとのことです。

台風18号の中心気圧は、1000ヘクトパスカル

最大風速は、18Mとなっています。

また、最大瞬間風速においては、25Mとのことです。

この台風18号の影響で、雨・風が強くなり沖縄や奄美の海上は、大しけになもよう。

10月2日ごろから九州の北部に影響が出る予想となっています。

Sponsord Links

台風18号の名前の意味は?

台風18号2019の名前は、「ミトーク」と決まりました。

台風18号の名前「ミートク」の意味ですがミクロネシアが提案した物で「女性の名前」なんだそうです。

この台風の名前については、14カ国が加盟する台風委員会がそれぞれの国から名前を提案し前もって140個作っておくとのことです。

台風が発生した順に使っていくようですね。

しかし、台風による被害が大きくなった場合には、また特別な名前をつけるとのことです。

その名前を二度と使わいという規約になっています。

台風18号米軍予報

下の図は、米軍合同台風警報センターの台風18号の進路予想図です。

出典元:JOINT TYPHOON WARNING CENTERより(https://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html)

米軍合同台風警報センターの情報は、6時間おきに更新されています。

台風18号ヨーロッパ予想

下の図は、ヨーロッパ中期予想センターの台風18号の進路予想図です。

上の画像では、ヨーロッパ中期予想センターがサイトに報じた内容になっています。
ECMWFの情報は、F高解像度の予報ですからかなりの活率で当たります。

台風18号気象庁最新情報

気象庁発表、台風第18号 (ミートク)が令和元年09月29日12時50分に発生。

<29日12時の実況>
大きさ ?
強さ ?
存在地域 フィリピンの東
中心位置 北緯 18度40分(18.7度)
東経 126度10分(126.2度)
進行方向、速さ 西北西 20km/h(12kt)
中心気圧 985hPa
中心付近の最大風速 30m/s(55kt)
最大瞬間風速 40m/s(80kt)
25m/s以上の暴風域 全域 110km(60NM)
15m/s以上の強風域 全域 390km(210NM)

<30日00時の予報>
強さ 強い
存在地域 沖縄の南
予報円の中心 北緯 20度20分(20.3度)
東経 124度35分(124.6度)
進行方向、速さ 北西 20km/h(11kt)
中心気圧 975hPa
中心付近の最大風速 35m/s(65kt)
最大瞬間風速 50m/s(95kt)
予報円の半径 60km(30NM)
暴風警戒域 全域 170km(90NM)
出典元:気象庁HPより(https://www.jma.go.jp/jp/typh/)


Windyの最新情報はこちらから→最大瞬間風速 – Windy

台風18号の今後予想について

気象庁米軍合同台風警報センター、ヨーロッパ中期予想センターによる
台風18号の進路予想図をまとめました。

ヨーロッパ中期予想センターに関しては、2019年9月29日から10月6日文まで進路予想がでいていたので、貼っておきます。

また10月3日ごろに西日本のもっとも接近する予想なっているため注意が必要なので、

気象庁などの最新情報を注意して確認するようにしてください。

Sponsord Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする