エボラ出血熱の感染経路や原因に致死率は?治療法やワクチン(薬)の現在は?


エボラ出血熱の感染経路や原因に致死率は?治療法やワクチン(薬)の現在は?

エボラ出血熱の感染経路や原因についてリサーチしてみたいとも思います。

また致死率や治療方法は現在の医学ではどうなっているのか?

含めて調べてみていきましょう。

Sponsord Links

エボラ出血熱とは?

まずは、エボラ出血熱とはどんな最近なんでしょうか?

調べたら詳しく説明しているの記事がありました。

それがこちらです。

エボラ出血熱は、主として患者の体液等(血液、分泌物、吐物・排泄物)に触れることにより感染する疾病です。
これまでに、アフリカ中央部のコンゴ民主共和国、スーダン、ウガンダ、ガボンやアフリカ西部のギニア、リベリア、シエラレオネ、マリ、ナイジェリア、コートジボワールで発生しています。2014年3月以降、ギニア、リベリア、シエラレオネ、マリ、ナイジェリアでエボラ出血熱の大規模流行が発生しました。
2018年8月1日からコンゴ民主共和国の北キブ州およびイツリ州においてエボラ出血熱のアウトブレイクが続いており、2019年6月11日には隣国のウガンダ共和国のカセセ県でも患者が確認されました。
出典元:厚生省HPよりhttps://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708.html

それでは、コンゴ民主共和国とは、どこなんでしょうか?

アフリカの中部のなるんですね。

アフリカというと広大な草原に野生の動物といったイメージですが

このコンゴ民主共和国は、かなり発展しているところも多々あるようです。

コンゴ民主共和国の面積は西ヨーロッパに匹敵する。3分の1が赤道の北側に、3分の2が南側に位置する。非常に雨が多く、雷も地球上で最も多い。年間降雨量は場所により2,000ミリを超え、アマゾンに次ぐ広さの熱帯雨林を抱える。西の大西洋へゆっくり下るコンゴ川の流域は広大なコンゴ盆地の大部分を占める。南はサバンナに続く高地に、西は山がちの台地に、北は草地に囲まれ、最も東には氷河で覆われる高山がある。
コンゴの名前はコンゴ川と植民地以前に存在したコンゴ王国に由来する。流域はコンゴの経済・輸送の背骨であり、住民の日常生活に大きく影響している。アフリカ大地溝帯にあるボヨマ滝の下流のキサンガニから西へ流れ始め、ゆっくり南西に向きを変え、ムバンダカを過ぎてウバンギ川と合流し、プールマレボ(スタンレープール)に注ぐ。キンシャサとブラザヴィルはこのプールの対岸同士である。ここから川幅が狭くなり、峡谷にはいくつもの急流と瀑布があり、集合的にリビングストン滝と呼ばれる。アマゾン川に次ぐ流量と流域面積を誇るが、コンゴが大西洋に面する部分はコンゴ川の北側40kmに過ぎない。
大地溝帯は火山活動を起こし、アルバート湖、エドワード湖、タンガニーカ湖などの大湖を形成した。最も重要なのは南部と東部にある膨大な鉱物資源を地表へ露出させ採掘可能にしたことである。コバルト、銅、カドミウム、ダイアモンド、金、銀、亜鉛、マンガン、錫、ゲルマニウム、ウラン、ラジウム、ボーキサイト、鉄鉱、石炭がすべて豊富にあり、とくに南東部カタンガ地域が有名である。2002年1月17日に噴火したニーラゴンゴ火山の溶岩は幅50m、時速60kmの早さで流れ、ゴマ市付近を襲い45人を死亡させ12万人の家を奪った。40万人が避難し、キブ湖の魚が全滅した。半年後には近くのニャムラギラ火山も噴火し、2006年に再噴火している。
出典元:Wikipediaより

エボラ出血熱の感染経路は?

それでは、続いてエボラ出血熱の感染経路について調べてみたいと思います。

エボラ出血熱の感染経路を調べて分かりましたのでまとめてみたいと思います。

発症前のEVD感染者は感染源になることはほとんどない。EVD患者またはエボラウイルス感染動物の血液などの体液と直接接触した場合に感染する。ヒトへの感染の発端が、アフリカでは熱帯雨林の中で発見された、感染して発症または死亡した野生動物(チンパンジー、ゴリラ、オオコウモリ、サル、レイヨウ、ヤマアラシなど)をヒトが触れたことによると示唆される事例が報告されている。EVDを発症した患者の体液(血液、唾液、分泌物等)に、直接的接触することにより、またはそのような体液で汚染された環境への間接的接触で創傷のある皮膚や粘膜を介してヒト-ヒト感染が起こる。免疫応答や炎症反応などが起こりにくい、いわゆる免疫回避組織である、精巣、眼球内部、中枢神経系において、EVDの回復後にもウイルスが存在し続けることがある。発症3か月後の男性精液からRT-PCR法でエボラウイルスが検出された事例がある。EVD感染後の性行為は発症後12か月まで又はRT-PCR法で2回陰性の結果が得られるまで、コンドームを装着することが推奨されている。またEVD治療9か月後にエボラウイルスが原因で遅発性の急性脳髄膜炎を発症した症例も報告されている。EVD流行では地域で行われていた葬式の風習も(会葬者が遺体に直接触ること)、EVDの地域伝播に寄与する。接触感染予防対策が適切になされないこと、適切に実施できない環境にあることが、医療従事者のエボラウイルス感染リスクとなる。エボラウイルスに感染しないようにするためには、流行地域に行かない(そのための情報をあらかじめ収集する)、野生動物に直接触れない、その肉を生で食さないことが重要である。流行地では患者(感染者)の体液(排泄物を含む)や、患者が触れた可能性のある物品に触れないようにすることが重要である。
出典元:国立感染症研究所よりhttps://www.niid.go.jp/niid/ja/

またこのような原因によることでエボラ出血熱に感染するこもあるようですね。

出典元:https://readyfor.jp/projects/Ebola

性行為感染のリスク、特に、精液中に存在し活性のあるウイルスの経時的な感染リスクについて、さらなる調査データの集積と研究が必要とされています。現在の証拠に基づいて、WHOは暫定的に以下のことを推奨しています。
全てのエボラ出血熱からの回復者および性的パートナーは、精液が2度の検査で陰性となるまでは、安全な性行為を確実に行えるように講習を受けることが必要です。回復者にはコンドームが提供されるべきです。
男性のエボラ回復者は、発症後3か月の時点で検査を受け、その検査で陽性となった者は、その後は、2度のRT-PCR法によってウイルスが陰性となるまで毎月、精液の検査が行われるべきです。
エボラ出血熱からの回復者および性的パートナーは、以下の何れか(の対策)を行う必要があります。
性行為の一切を控えること
回復者の精液が2度の検査で陰性となるまでは、一貫して確実にコンドームを使用して安全な性生活を送ること
回復者は、陰性の結果が得られれば、エボラウイルスの感染を恐れることなく、普段どおりに性生活を再開しても安全です。
現在行われている調査のさらなる分析とエボラ出血熱のWHO諮問グループによる検討に基づいて、WHOは、エボラ出血熱からの男性回復者に対して、発症から12か月間もしくは精液検査で2度のエボラウイルスに対して陰性の結果が得られるまでは安全な性行為とその対処法を実施することを勧めています。2度のエボラウイルスに対する検査で陰性の結果が得られるまでは、回復者はマスタベ-ションの後を含め、精液と直接に接触した後には、石鹸と水で直ぐに徹底的に洗浄することによって、適切に手と身体の清潔を保つことを実行すべきです。この間、使用されたコンドームは、中の精液との接触を防ぐために、安全に取り扱い、安全に破棄される必要があります。
全てのエボラ出血熱からの回復者およびそのパートナーや家族には、敬意と尊厳そして思いやりをもって接せられるべきです。
出典元:FORTHよりhttps://www.forth.go.jp/index.html

なるほど。

感染経路を断てば特に怖いこともないようですが

無防備に素手で触ったりするだけでも感染してしまうようなので、

感染しないためには、触れないさ触らない近づかないということですね。

Sponsord Links

エボラ出血熱の原因は?

この投稿をInstagramで見る

可愛いでしょう?コウモリなんだぜぃ✨もしかしたらエボラ出血熱の【宿主】犯人はこのルーセットオオコウモリかもしれません。 このコウモリ、あのエボラと大変近しい存在の兄弟病マールブルグ病の宿主ではないかとの報告もあり、何よりエボラ&マールブルグ病をこのコウモリに注射しても病気は発症しない(抗体を持っている)からです。 昔からこのコウモリを怪しいと睨んでいた自分はアフリカキタム洞窟内(アフリカで初めてマールブルグ病が見つかった場所)にも生息している事から宿主のポイントを絞れてました・・・。 因みにこのルーセットオオコウモリは昔、TVの【いきなり黄金伝説】という番組で日本に迷い混んだ所を偶然撮影されてますがご存知ですか? そうです、日本にも遠いアフリカからこのコウモリは遥々来ていた過去があるんです!!日本も他人事では済まされない(@_@) それにしても愛くるしい顔してますね・・・ 日本の在来種のコウモリは虫や小動物を餌にしますが、このコウモリは木の実やフルーツを食べます・・・。 虫も殺さぬ顔をしていながら人間はいとも簡単に殺してしまうウイルスを保有しているとは(((^_^;)#コウモリ#動物#コンゴ#エボラ出血熱#マールブルグ熱

shigeさん(@minorthreat0402)がシェアした投稿 –

エボラ出血熱が発症する原因についてもう少し詳しく調べてみたいと思います。

エボラ出血熱の原因について分かりました。

こちらが詳しい内容になります。

エボラウイルス属は、下記の5つのタイプに分類されています。
ブンディブギョ
レストン
スーダン
ザイール
タイフォレスト(アイボリーコースト)
ウイルスのタイプによって、毒性や致死性が異なります。たとえば、2014年以降猛威をふるっているのは「ザイール型」です。「ザイール型」、「スーダン型」、「ブンデブギョ型」のエボラウイルスは1976年以降、何度となく「アウトブレイク(感染の流行)」を起こしてきました。
一方で、「タイフォレスト(アイボリーコースト)型」は毒性が弱いうえに、今までに大きな流行を起こしたことはありません。
また「レストン型」については、人に感染しても何の症状も示さないということが知られています。基本的に、エボラウイルスはアフリカ地域にしか見られませんが、「レストン型」はフィリピンでブタに感染しているのが見つかっています。フィリピンでは、「レストン型」のエボラウイルスに対しての抗体を持っている(つまりウイルスに感染したことがある)人たちが見つかっているので、人にも感染はしているはずなのですが、特に何の症状も見られていないのです。

エボラウイルス感染症は、「エボラウイルス」というウイルスの一種に感染することによって起こる病気です。
エボラウイルス感染症の歴史は意外と古く、1976年にザイール(現在のコンゴ民主共和国)で初めて発見されました。エボラウイルスは、学問的には「モノメガウイルス目フィロウイルス科」というように分類されていますが、この病気が初めて発見された場所の近くを流れる「エボラ川」の名をとって、エボラウイルスと名付けられました。
出典元:Medical Noteよりhttps://medicalnote.jp/contents/150518-000001-XECYGN

エボラ出血熱の致死率は?

それでは、エボラ出血熱に感染した場合にどのくらいの割合で致死率に至るのか?

かなり高い統計が出ていました。

それを詳しく説明しています。

Ebola virus disease(エボラ出血熱)は、人間では重症化し、しばしば死に至る病気です。 ウイルスは野生動物から人に感染し、生活環境下では人から人へも感染伝播します。 エボラ出血熱の死亡率は平均して50%前後です。 過去の流行では、致死率は25%から90%の間で変動しています。
出典元:FORTHよりhttps://www.forth.go.jp/index.html

25%から90%とのことですから

発症して直ぐに処置することで完治することも可能ということなんですね。

症状が出たときは、直ぐに医療機関に行くことが生と死の分かれ目になるようですね。

エボラ出血熱の治療方法はどうなっている?

この投稿をInstagramで見る

エボラ出血熱の経口の特効薬の開発。 先日、ネットニュースで見て、初めてクラウドファウンディングに支援(寄付?)をしました。 エボラ出血熱の経口治療薬の開発を進めていらっしゃるのですが、薬を必要としている場所がアフリカという貧しい地であることや、日本から遥か離れた場所であるために、実際に販売の段階になっても、採算が取れないため、研究費等が出ないとのこと。 それでも日本で使命感を持って研究をされている方がいらっしゃることに、感銘を受けました。 少しでも何かできないか、と思いました。 わたしが服一枚、靴一足を節約することでそのお金が研究に使われるなら本望だと思い、決めました。 この支援の結果が分かるのは、これから、10年とか15年先になりますが、わたしのちょっとの偽善と勇気が、世界の誰かの笑顔につながりますように。 #クラウドファウンディング #エボラ #エボラ出血熱 #治療薬 #研究 #北海道大学 #高田礼人 #世界が笑顔で溢れますように

ヒロ💕kurumiさん(@hiro.smile.777)がシェアした投稿 –

それでは、そのエボラ出血熱の治療方法は、どうなっているのでしょうか?

今は、以前に比べてかなりエボラ出血熱を根絶させるための治療方法が進んでいるようです。

エボラ出血熱の治療方法について詳しく説明している記事がこちらです。

(

1) 臨床症状:
発症は突発的である。
症状は発熱、倦怠感、食欲低下、頭痛など。その後嘔吐、下痢、腹痛などの消化器症状が見られる。
重症例では神経症状、出血症状、血圧低下などが見られ死亡する。
致死率はウイルスによって異なるが、高いものだと80-90%と報告されている。
後遺症として関節痛、視力障害、聴力障害などが見られることがある。
(2) 診断:血液、咽頭拭い液、尿から病原体や病原体、病原体の抗原又は遺伝子の検出、血清から抗体の検出
(3) 治療:対症療法

5 予防
流行している地域への旅行を控える。野生動物や患者に直
接触れない。洞窟に入らない。
出典元:厚生省HPhttps://www.mhlw.go.jp/index.html

結論から言うと、エボラウイルス感染症に対する確立された治療法はありません。エボラウイルス感染症はエボラウイルスの感染によって起こる病気ですが、エボラウイルスそのものに対して決定的な効果を持つ薬剤は、まだ開発途上です。
したがって、あくまで治療の中心は対症療法(根本的な治療ではなく、表面的な症状をやわらげる治療)ということになります。嘔吐・下痢などによって脱水や血圧の低下が起こった場合は、輸液を行います。また電解質のバランスが狂ってしまった場合も、それぞれの成分を補正します。呼吸状態が悪くなった場合は呼吸管理、血圧が下がってしまった場合は循環管理と、それぞれの症状をコントロールするための治療が行われます。
エボラウイルスに対してのワクチンや、エボラウイルス感染症そのものを治療する薬剤についても研究開発が進められていますが、現時点ではまだその効果は確定していません。
出典元:Medical Noteよりhttps://medicalnote.jp/

エボラ出血熱の致死率は、25%から90%ととてもとり幅がありますが

今だこれだといった有効な治療方法は、確率されていないようですが

しかし、ワクチンは、あるのでやはり症状が出たら直ぐに検査を受けて適切な治療を受けることが生死の分かれ道といったところでは、ないでしょうか?

エボラ出血熱のワクチン(薬)はあるのか?

エボラ出血熱のワクチンの開発は、どのくらい進んでいるのでしょうか?

調べたら凄いことが分かりました。

エボラ出血熱のワクチン開発について書かれた記事をご紹介します。

ヒトやサルに感染するエボラウイルスは5種類*あるとされています。今は、その1種類に効く抗体(血液などに存在する免疫物質)をもとに治療薬の開発が試みられていますが、5つ全てに効く抗体は発見されていませんでした。
(*2018年1月15日現在、正式に国際ウイルス分類委員会に採択されているものとして、ザイール種、スーダン種、ブンディブギョ種、レストン種、タイフォレスト種の5種があります。)

エボラは毒性が強く日本に存在する大学の研究施設では研究ができません。そのため、ザンビアにて抗体を持っているとされるコウモリの調査・研究を行ったり、毒性の弱いウイルスにエボラウイルスを置き換えた偽エボラをつくり日本で研究できる環境を整えたりと、長年にわたり研究を進めて来ました。

そして数年前、ついに数億の抗体の中から世界で初めてエボラ5種類全てに効く抗体を発見しました。20年の研究がついに実を結んだのです。さらにその後、この抗体と同じ作用を持つ化合物の発見に成功しました。

エボラの流行を食い止めるためにも、感染した際に希望を抱くことができるようにするためにも、今回発見した、治る可能性が高い化合物をできる限り早く「薬」にする必要があります。

ワクチンではなく「のみ薬」で “広く普及”を

ウイルス感染を防ぐ手立てとして、ワクチンと薬があります。

ワクチンは感染予防に有効ですが、いつどこで発生するか予測ができないエボラにおいては、アフリカの人全員に接種するわけにもいかず、使い道が限られてしまいます。そのため、感染した人を治療する薬(抗ウイルス剤)の方が現実的だと思われます。

我々が開発している「飲み薬」は、広く普及できるであろう3つの強みがあります。
(1)安価に製造が可能
(2)飲み薬ゆえ服用が容易
(3)長期保存も可能
そのため、医療設備や医師が十分備わっていないアフリカでの普及にも適しており、完成すれば、最もエボラウイルスに近いところに住んでいるアフリカの人たちがいつでも治療薬を飲めるようにできます。
出典元:Readyforよりhttps://readyfor.jp/projects/Ebola

最後に

現在も進められているエボラ出血熱のワクチン開発ですが

やはり完成にたどり着くまでは、相当の資金投入が必要になるとのことです。

これからは、対岸の火事では、なく直ぐそこにエボラ出血熱ウイルスが迫っていることも認識して国税を投入して一日も早く特効薬の開発が必要になるのでは、ないでしょうか。

今後、日本の医療関係者も多く携わり野口英雄先生がかつて伝染病を根絶したように頑張っていただきたいです。

Sponsord Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする